TOP 過去のいっぴん うらばなし プロフィール リンク ご感想
タイトル
過去のいっぴん

第1話 にしんそば誕生秘話

 
画像
画像
画像

今ではどこの蕎麦屋さんにもある定番メニュー「にしんそば」。この「にしんそば」は明治の中頃、京都で生まれたことは知ってはりますか? 甘く煮たにしんをそばの上にのせるアイデアは、当時ではとてもセンセーショナルな出来事だったそうです。

その「にしんそば誕生物語」の舞台となったのは、四条川端、南座のすぐとなりにある松葉。正真正銘にしんそばを生み出した元祖のお店です。考案者は松葉二代目松野与三吉。当時与三吉は、なんとか店の名物を作りたいと思案していました。今までにない新しいそばの種。そこで思いついたのが、干し魚のタンパク源をうまく取り入れられないかという発想でした。

当時海から遠い京の都で食べられる魚といえば、にしんや棒鱈。「おばんざい」のなかにも「にしんとナスの炊き合わせ」など昔から「出合いもの」と言われる京都の知恵があります。与三吉もそのへんからヒントを得たのではないかと言われています。

苦心の結果、にしんとそばの組み合わせに成功した与三吉は、「にしんそば」と名付け売り出したところ、一躍洛中洛外にその味と風味が流布したと言います。そんな元祖にしんそばの味をぜひ一度味わってみてください。


■お店情報

松 葉
京都市東山区四条大橋東詰め
075-561-1451

めなみ
京都市中京区木屋町三条上ル
075-231-1095

すべてのいっぴん