KBS京都TV

華流ドラマ

華流ドラマ
華麗なる遺産〜燦爛人生〜
ストーリー
あらすじ

父親を爆発事故で亡くしたチンテンは、生命保険を全額受け取った義母に自閉症の弟・チンランと共に家から追い出される。だが、偶然お婆さんを助け、大きな食品会社の経営権を含む彼女の遺産を相続することに。お婆さんの孫・ユーハオは、御曹司らしい横柄で不遜な物言いが目立ったが、チンテンや食品会社の従業員との交流を通じて、変わり始める。やがてユーハオは、チンテンのことが気になり始め・・・。
韓国の人気ドラマ『華麗なる遺産』をリメイクした作品。主演は、日本でも人気のジェリー・イェン。イケメンな彼が見せるユーモラスな表情やコメディー演技にも注目!

第1話「華麗なる男の因縁!?」

第1話ニューヨークから上海へ戻ってきた不動産開発会社の令嬢・チンテンは家族想いで明朗快活な女の子。空港で、食品会社の御曹司・ユーハオのカバンと取り違えていたことに気づいたチンテンはユーハオに連絡するも、その傲慢無礼な態度に怒り心頭。そんな時、チンテンの父が交通事故で亡くなったというニュースがテレビから流れてきて…。

第2話「バラバラになった家族」

第2話食品会社の会長であるユーハオの祖母は、ユーハオへの経済的援助をやめ自分のレストランで働かせるが、本人はやる気がない。父の死の悲しみに暮れていたチンテンだが、父の借金により家も家財も差し押さえに。義母は家族に内緒で保険金を受け取り、義妹・モンエンだけを連れて新居へ。チンテンは、弟・チンランを連れて仕事探しに明け暮れる。

第3話「人生のドン底」

第3話弟を連れ、仕事もお金も家もなく路頭に迷うチンテン。親友・ジアラーに紹介されたウエイトレスのアルバイト先で、客として訪れたユーハオとケンカになり、ジアラーから借りた携帯電話を壊される。その頃、チンランが迷子になり、迎えに来た義母がチンランを養護施設の前に置き去りに。チンテンはチンランを捜し疲れて倒れてしまい…。

第4話「友人たちからの助け」

第4話以前からチンテンを気にかけていた実業家のジェンシュンとジアラーの援助によって、チンテンはアパートを借り、弟を捜しながらサンドイッチ売りを始める。一方、問題を起こしてばかりのユーハオに呆れ果てていたユーハオの祖母が街中で階段から転倒。助けたのはチンテンだった。彼女は頭を強打し、記憶を失ったおばあさんと一緒に暮らすことに。

第5話「チンテンの真情」

第5話チンテンのおかげで元気になったおばあさんだが、チンテンにわがままを言うように。しかしそれはチンテンの本心を試すもので、実は記憶が戻っていたのだった。同じ頃、チンテンの義母はユーハオの家の財産を手に入れようと、モンエンを利用しながら裏で手を回していた。ある日、チンテンが帰宅するとおばあさんが突然いなくなっていて…。

第6話「まさかの同居」

第6話突然、おばあさんの豪邸に連れてこられたチンテン。おばあさんは弟捜しを全面協力する代わりにこの家に住むことを条件にする。チンテンは、ユーハオが孫だと知り一度は断るものの、弟のため同居することに。さらにおばあさんが劉記食品の会長であることも知る。一方、同居を嗅ぎつけたチンテンの義母はチンテンに会い、2人を捜したが捜せなかったと説明する。

第7話「度重なる偶然」

第7話劉家にチンテンとの関係を知られまいと必死な義母・マンイーは、チンテンに家の事情を話すなと懇願。その矢先、死んだはずの夫に遭遇し、チンテンとチンランはアメリカへ行き音信不通だと嘘を伝える。一方、祖母と対立中のユーハオは、取り違えたままだったチンテンのカバンをようやく返す。チンテンが用事で訪ねた豪邸から出てきたのは、なんと義妹・モンエンで…。

第8話「仰天の遺産相続宣言!?」

第8話義妹・モンエンはチンテンに、家は実父が遺した結婚資金で借りたと咄嗟に嘘を言う。一方、義母・マンイーに、死んだことにしてほしいと大金を渡された父は怒りに満ちる。その頃、贅沢三昧が改善しない家族に疲れた会長は、自分の財産全てをチンテンに相続すると宣言。家族全員の車と金を没収し、レストランで働かせることに。反発するユーハオは家を出て行ってしまう。

第9話「嘘は嫌い!」

第9話ジェンシュンが客に頭を殴られ、病院に駆けつけたチンテンは、初めて彼の身分を知り、今まで嘘をつかれていたことに激怒。家を出て行ったユーハオは、見知らぬ男に金を騙し取られて暴力をふるい、留置所行きに。釈放されると、祖母からチンテンと一緒に劉記食品の本店で働くか、家を出て行くよう言われ、ついにユーハオは働き始めることに。

第10話「遺産なんていらない」

第10話ユーハオから聞いた、自分に遺産を譲るという話が気になっていたチンテンは、孫たちを自立させたいという祖母の意図を理解し協力することに。ジェンシュンとも彼の誠意を知り仲直りする。店ではチンテンがユーハオの教育係に命じられ、やる気のない彼と言い合いに。チンテンはユーハオのせいで父の死に際に会えなかったと反撃する。

第11話「ユーハオの変化」

第11話モンエンは、自分名義になっている家の不動産権利書を見つけ、母親の嘘に気づく。チンテンにチンランの写真を届けに来たモンエンは、チンテンの涙を見てますます罪悪感が募っていく。自分のせいで、死んだ父に会えなかったというチンテンのことを何かと気にかけるようになるユーハオだが、店の倉庫でまた言い争いになり、彼女は足をくじいてしまう。

第12話「すれ違う父娘」

第12話ユーハオは祖母の指示で、足をケガしたチンテンの運転手として実母の墓参りに付き合い、両親のいない彼女を憐れむ。その時、入れ違いで墓参りに来た父とすれ違うも互いに気づかない父娘。父は墓のお供えを見て慌てて引き返したが間に合わなかった。今までのチンテンへの暴言を悔やんでいたユーハオは、嫌がっていた店のまかない料理も食べるようになる。

第13話「モンエンの罪悪感」

第13話ジアラーの就職祝いに行くチンテンを祖母が美しくドレスアップさせ、その姿にどぎまぎするジェンシュンとユーハオ。モンエンは、家を売ったお金をチンテンに返して罪を償いたいと母に告げ、翌日チンテンと会う約束をする。突然モンエンの家を訪ねてきた父を母が外に連れ出すが、モンエンは母の嘘の説明を聞いていた。その頃、チンテンに工場への異動命令が出る。

第14話「弟を発見!?」

第14話チンテンは急な送別会のためモンエンとの約束を延期。初月給が出たチンテンは劉家のみんなに手作り料理を振る舞う。また、ユーハオも工場へ異動に。そんな時、ウー執事はチンランが施設にいることを突き止める。だが一足遅く、チンランと会えずに終わる。施設の人に弟が来た時の話を聞き、義母の仕業だと気づくチンテンは義母の家に乗り込むがしらを切られる。

第15話「初めての“ごめん”」

第15話食事もとらないチンテンを心配するユーハオの家族たち。バーを開いたユーハオの後輩は足でピアノを弾く少年と楽器店で出会い、自分の店で弾かせようかと考えていた。給料でチンテンに借金を返そうとしていたユーハオはまた言い合いになるが、ユーハオに携帯を壊された夜にチンランがいなくなったことを知り、初めて謝る。祖母は遺言書の準備を急いでいた。

第16話「遺産相続人試験!?」

第16話チンテンに遺産を譲る遺言書の準備を本格的に進める祖母。ジアメイはチンテンに大金を渡し、家を出て行けという。驚くばかりのチンテンだったが、たとえチンテンに断られても遺産は家族に譲らないという祖母の本心を知る。だが、相続人になるには閉店の危機にある2号店の立て直しが条件。家族の前で新しい遺言書が読み上げられ、チンテンは決意を新たにする。

第17話「立ち上がったユーハオ」

第17話祖母はウー執事に、遺言の決断の難しさ、ユーハオがチンテンのようにならなかった、期待外れだった無念を話していた。それを影で聞いていたユーハオは祖母に自ら頭を下げ、ただ自分の力を証明し、信頼回復のために2号店で働かせてくれと懇願する。晴れて2号店で働くことになったユーハオだが、チンテンたちスタッフは心配していた。だが、ユーハオの気持ちはこれまでとは違った。

第18話「遺言書の波紋」

第18話遺言書の影響は周囲にも広がっていた。ジアメイとユーシュエンは反発して家出するも、祖母の大目玉をくらう。ガオ社長は息子のジェンシュンに、レストランを辞めて劉記食品に入るよう頼むが断られる。そんな中、ユーハオは偶然、チンテンとモンエンが写っている写真を見つけ、2人が姉妹であることを知る。だが、モンエンは、それをチンテンから口止めされていたと嘘をつき…。

第19話「ユーハオの混乱」

第19話ユーハオはモンエンが父の死を隠していたことを言及するが、泣くばかり。一方、チンランはジェンシュンから、ユーハオは子供の頃は明るかったが、父が交通事故死して以来、笑顔がなくなったことを聞く。ユーハオは、どれが本物のチンテンの姿なのか混乱していた。そんな中、2号店の記念イベントのチラシをユーハオとチンテンが一緒に配ることになり、ユーハオはますます混乱する。

第20話「ユーシュエンの失恋」

第20話マンイーから、ジェンシュンとユーシュエンを早く結婚させろとそそのかされたジアメイは、さっそくジェンシェンの元を訪ねるが、ジェンシュンは好きな女性がいると告げる。そして、ユーシュエンは、ジェンシュンとチンテンが付き合っていると思い、家族を巻き込み大騒ぎ。チンテンは財産だけでなく彼氏まで奪ったと責められる。そのことを聞いたユーハオもショックを受けて…。

第21話「俺は悪いヤツじゃない?」

第21話創業記念祭のチラシ配りを一緒にすることになったチンテンとユーハオ。誰にでも愛想がいいチンテンにケチをつけたユーハオだが、ジェンシュンとの関係が友人だとわかり安心する。モンエンはそんな2人の仲を気にし始めていた。ユーハオは、スタッフ全員が互いの良い点や悪い点について無記名で書いたカードの中から、チンテンのメッセージを見つけ、仲良くやっていこうと声をかける。

第22話「好きだ!」

第22話創業記念祭は大成功に終わる。その打ち上げの席でジェンシェンはユーハオに、チンテンのことが好きなのかを問いつめると、ユーハオはジェンシェンの顔を殴ると同時に、好きだと言い放つ。自ら質屋に入れた父の形見の腕時計の期限が翌日に迫り、質屋に駆け込んだユーハオ。あとを追ってきたチンテンに、時計が父の形見であることを話し、その行動を悔やむユーハオをチンテンが慰める。

第23話「近くにいても…」

第23話チンテンとユーハオは2人で営業活動をすることが決まり、張り切っていた。だが、モンエンは気が気でない。弟のチンランが見つかればチンテンがユーハオを諦めてくれると考えたモンエンは、チンテンにネットでチンランを探すので写真を持ってきてほしいと頼む。一方、チンテンの父は上海を離れる覚悟を決めていたが、偶然、バスの車内にチンテンを見かけたため留まることにする。

第24話「あなたは“仲間"」

第24話これまでの働きが認められ、2号店の正式スタッフとなったユーハオは、自分の企画書が成功したこともあり自信を深めていた。一方、劉家ではユーハオの父の法事が執り行われ、ユーハオは父の事故のきっかけを招いた自分を責めて苦しんでいた。そんな中、工場からの大量注文がジェンシュンのコネだと思い込んだユーハオは路上でチンテンを責める。そこに車が突っ込んでくる…。

第25話「チンテンvs義母マンイーの対決」

第25話父の保険金を義母・マンイーが受け取ったことを知ったチンテンは心底落ち込んでいた。何も考えられず、帰宅も遅くなったチンテンをユーハオは心配し、怒る。一方、ジェンシュンはチンテンの苦しみに気づけなかった自分を責めていた。チンテンはマンイーに保険金の証拠を突きつけるが、マンイーは逆に開き直る。怒りに震えるチンテンは、まずモンエンとユーハオの結婚を阻止すると宣言する。

第26話「チンテンの正体!?」

第26話マンイーとモンエンの2人は劉家を訪れ、夫の死を隠していたことを詫び、チンテンが娘だと明かす。そして、チンテンが劉家の財産を狙いみんなを騙していたと証拠をだし、2人揃って嘘をつく。責められたチンテンは大雨の中、荷物をまとめて家を出て行く。翌日、チンテンは辞表を出すが、祖母である会長は辞表を破り、2号店の売り上げを20%上げる約束を果たせと命じる。

第27話「信じたくなる人」

第27話初めての給料が出たユーハオは、チンテンに付き合ってもらい、祖母と母へプレゼントを買う。ユーハオは母の形見のネックレスをなくしたチンテンに、新しいネックレスをプレゼント。手紙の筆跡を見て、以前に店のみんなが無記名で書いたカードの中からユーハオのものを見つけ出す。その言葉に慰められ、勇気づけられた、彼女は号泣。そして、チンテンはネックレスを返すことにする。

第28話「逃れられない運命の4人」

第28話泥酔したユーハオはチンテンの家を訪ね、そこで寝てしまう。ユーハオの無断外泊を怒る祖母だが、ユーハオがチンテンのことを信じているのか聞くと、もう少し待てと躊躇する。新規事業のために、崇明島(チョンミンダオ)への1泊2日の出張を命じられていたユーハオとチンテンだったが、そこにはジェンシュンに加え、必要資料を任されたモンエンも来ることに。そんな中、祖母の認知症は日々悪化していた。

第29話「俺は信じてる」

第29話崇明島(チョンミンダオ)で迎えた早朝、眠れずに外へと出て行ったチンテンのあとを追ったユーハオは、周りが何を言おうとお前のことを信じているので俺から離れるなと告白。抱きしめてキスをする。突然の出来事に泣きじゃくるチンテンだが、周りの人が傷つくからとユーハオを振り払う。ジェンシュンはユーハオを呼び出し、モンエンがいるのにチンテンに手を出すなと忠告し、一発見舞う。

第30話「ついに祖母が…」

第30話マンイーはガオ社長に、自分と手を組めば劉記食品は思い通りになるとそそのかす。チンテンとユーハオの頑張りもあり、劉記食品はリゾートの落札に成功。2号店の全員で祝賀会をしていると、祖母が脳出血で倒れたという連絡が。手術は成功したが、医師から初期の老人性認知症だったことを告げられ、家族とガオ社長とチンテンは驚くが、マンイーはほくそ笑んでいた。

第31話「悲痛な叫び」

第31話ユーハオが病室で付き添っているときに祖母の容態が急変し、意識不明となる。ガオ社長からその事実を知ったマンイーは、会長が認知症であり危篤だと新聞社にタレ込み、劉記の株価は大暴落してしまう。ユーハオのおかげでやっと祖母を見舞うことができたチンテンは、目を覚まさぬ祖母に真実を告げる。ユーハオもこれまでの生き方を謝罪。翌朝、祖母の意識が戻る。

第32話「それは愛じゃない」

第32話祖母の意識が戻り、大喜びの家族たち。ユーハオはモンエンに、今まで一緒にいたのは愛だと思っていたが違うと告げる。ユーハオはモンエンの嘘も全て見抜いていた。一方、チンテンはジェンシュンに新店舗の支店長になる話を断り、ジェンシェンの気持ちに応えられないことも告げた。劉記食品では会長解任案の噂が流れ、チンテンとユーハオは阻止すべく、対策案を考える。

第33話「涙の哀願」

第33話ユーハオは劉記食品の従業員たちに会長解任案の反対を哀願し、多くの賛同を得る。株主の一人でもあったジェンシュンは、父であるガオから臨時株主総会に出席して会長解任案に賛成するよう頼まれるが、同時に父の不正を知ってしまう。社員一同の解任案反対の委任状を持って駆けつけたチンテンとユーハオが見守る中、総会での解任案可決か否かはジェンシュンの一票にかかっていた。

第34話「一番辛い時に助けてくれた人」

第34話父の立場を追い込んでしまったことで苦しんでいたジェンシュンを心配していたチンテン。おばあさんと一緒に暮らした部屋の敷金を出していたのも彼だったことを知り、一番辛い時に助けてもらっていたのに、彼に何もできない自分自身を情けなく思っていた。そんなチンテンは、久しぶりにユーハオの家を訪れ、家族の前であらためて遺産相続の遺言を取り消してほしいと会長にお願いする。

第35話「俺を信じて待て」

第35話チンテンが劉記食品を辞めようと考えていることを知ったユーハオは、なぜ俺から逃げるのかと怒る。一方、モンエンはユーハオとチンランが一緒にいるところを目撃。それを知ったマンイーはチンテンに、チンランを連れてアメリカへ行かなければ、チンランと一生会えないようにすると迫る。人知れず最後の別れのつもりで一人一人に会いにゆくチンテンは、ユーハオをデートに誘う。

第36話「初めてのデートのあとに」

第36話チンテンとユーハオが初めてのデートを楽しんだ翌日。2号店の店長が昨晩チンテンが辞表を出しに来たことを伝え、ユーハオは店を飛び出す。一方、ジェンシュンは相談ごとがあって訪ねてきたチンテンの父の正体に気づく。空港でチンテンを見つけたユーハオ、チンテンはそこでジェンシュンが連れて来た父とも再会。彼女はマンイーの企みを皆に打ち明ける。残るは弟のチンランだけだった…。

第37話「本当に愛するもの」

第37話チンランの存在に気付いたユーハオ。父親と娘、息子は涙の再会を果たす。チンランの記憶からすべてはマンイーの仕業だったことが判明。警察に突き出されたマンイーは自殺をしようとするが、モンエンの母親への愛情が引き留める。そして母とやり直す決意を固めたモンエンはユーハオに笑顔で別れを告げる。そんな中、会長はチンテンの父からチンテンとチンランが海外留学すると聞き…。

第38話「華麗なる人生のはじまり」

第38話父から今後は自分のために生きろと言われたチンテンと、祖母から自分の道は自分で決めろと言われたユーハオは、互いに家を飛び出し、互いの元へと駆け出す。祖母はチンテンが受け入れなかった遺言書を破り捨て、新たな遺言を家族に発表。そしてユーハオは、長年胸に秘めていた父の死について祖母と語らう。それぞれが心機一転する中、ユーハオはチンテンをある場所へ連れて行き…。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.