KBS京都TV

華流ドラマ

華流ドラマ
秋のコンチェルト
ストーリー
あらすじ

聖徳大学学長の一人息子として生まれ、同大学の法科生として学ぶクァンシー(ヴァネス・ウー)と、幼い頃に父を亡くしクァンシーの通う大学の食堂で働くムーチェン(アン・アン)は、反発しあうもののやがて深く愛しあうようになる。しかし幸せもつかの間、クァンシーは脳腫瘍で倒れ、助かるためには記憶を失う可能性のある難手術を受けることが必要となる。手術を前に旅に出かけた2人は永遠の愛を誓うが、クァンシーの手術を見守りつつも、ムーチェンは遠くに身を引く決心をする。それから6年、病弱な息子と2人でひっそりと暮らすムーチェンの前に記憶を失ったクァンシーが現れ…。

第1話「最悪の出会い」

第1話ピアノ好きの少女リャン・ムーチェンは、裕福な家庭で幸せな幼少期を送っていた。だが、父の事故死によってすべてを失い、継母のリン“おばちゃん”と共に流浪生活へ転落。その後、リンが頼った男、ツァイの元で皿洗いなどをしながら成長する。それから十数年、ムーチェンは20歳。ある日、彼女が乗ったバスの行く手を1台の外車が遮る。車の中では、若い男レン・クァンシーが恋人のアイリーと言い争っていて、道をふさいだまま動こうとしない。ムーチェンは車を動かそうとするが、クァン
シーにだまされてバスに激突し、警察で事情聴取を受けるハメに…。ところが、このクァンシーは聖徳大学の理事長の息子で、ムーチェンの継父ツァイが学生食堂の経営を請け負おうとしているのも、その聖徳大学だった。

第2話「偽りのキス」

第2話母親への疑念から、女を信用できないクァンシー。誰の誘いにも応じないムーチェンを、高慢な女と決めつけながらも、無理矢理デートに誘う。初デートで彼女の唇を奪えるかを賭けのネタにしていたのだ。スケートリンクでキスされたムーチェンは、真相を知ると強がってうそをつく。自分も純情なふりをして別の賭けに乗っていたのだと。クァンシーはコケにされたと感じて激怒。一方、母親からは、大学の資金繰りのため、グローバル建設の会長の娘ハー・イーチエンとの交際を迫られる。

第3話「父の思い出」

第3話クァンシーにとって聖徳堂は父との思い出の場所だった。聖徳堂のピアノを勝手に弾いたムーチェンに、クァンシーは思い出を汚されたと感じて激怒。「許してほしければ服を脱げ」と責める。だが、ムーチェンが本当に純情で誠実だと気づき、互いに父との思い出を話すうちに共感していく。翌日、クァンシーはムーチェンの名誉を守るため、彼女とキスしたことを隠し、賭けの罰ゲームを甘んじて受ける。そして、ムーチェンが最後のターゲットだと宣言する。だが、ムーチェンはイーチエンこそクァンシーにふさわしいと考え、養父のセクハラをクァンシーには打ち明けず、むしろ助けを拒んでしまう。

第4話「養父の魔の手」

第4話アイリーはクァンシーに仕返しするため、ムーチェンを誘拐する。助けに現れたクァンシーは、体を張ってムーチェンを守る。その夜、聖徳堂でクァンシーを待っていたムーチェンは、養父のツァイに襲われる。幸い養母とクァンシーが現れて、危うく難は逃れたが、ツァイは暴行未遂を認めず、ムーチェンに誘惑されたのだと主張。証拠となるはずの防犯ビデオはなぜか紛失していた。

第5話「君を守る」

第5話ムーチェンは、ツァイとの関係を養母に疑われ、家を追い出される。クァンシーはムーチェンの住む場所を用意し、彼女を守ろうと決意。翌日、ムーチェンとツァイの写真を添付した中傷メールが聖徳大学内に広まり、ムーチェンが学内で養父を相手に売春したとのうわさが流れる。理事長は大学の名誉を守るため、調査法廷を開催して真相を究明することを決定。クァンシーはムーチェンの無実を証明するため、彼女の弁護を願い出て、2日後の開廷に向けて準備を始める。

第6話「学内法廷」

第6話ムーチェンは養母を“おばちゃん”と呼んでいたが、口に出さないだけで、心の中では“お母さん”だと思っていた。養母は手紙でそれを知り、さらにツァイが盗み撮りしたムーチェンの入浴写真などを発見。真実を悟って泣き崩れる。一方、ムーチェンに思いを寄せるフア・トゥオイエは、アイリーから防犯ビデオの映像が入ったパソコンを盗み出す。いよいよ調査法廷での審理が始まる。ツァイの弁護は優等生のシュー・ファンクオが担当。鋭い舌鋒にムーチェンは追い詰められる。

第7話「脳腫瘍発覚」

第7話ムーチェンが売春をするような女性でないことを証明するため、クァンシーは自ら証言を始める。彼女の真摯な生き方に触れて、女性に対する見方にも変化が生まれた。人を愛することを知り、自分を変えようと思ったと。評決を前に、ようやくトゥオイエが駆けつける。提出された防犯カメラの映像から、ツァイの強制わいせつ未遂が明白に。審理結果もムーチェンの潔白となった。だが、喜びもつかの間、クァンシーの脳に腫瘍が見つかる。手術の成功率は低く、成功しても後遺症のリスクが高いという。そうとは知らないトゥオイエは、ムーチェンの幸せを信じて花田村へ帰って行った。

第8話「告白」

第8話余命が短いと知ったクァンシーは自暴自棄になり、ムーチェンを遠ざける。ムーチェンにはクァンシーの態度が急変した理由がわからない。だが、港から海に転落したとき、救いに現れたのは、やはりクァンシーだった。クァンシーは脳腫瘍の事実をムーチェンに打ち明け、ムーチェンと二人で病と闘う決意をする。治療には成功率の低い手術以外に、陽子線治療という最先端療法の道があった。だが、それを導入するのはグローバル建設関連の医療施設で、ハー会長に借りを作りたくないクァンシーは、その治療を拒んでしまう。

第9話「苦しみの術前検査」

第9話手術に向けて検査が始まった。苦しむクァンシーをムーチェンは献身的に支える。最終診断の結果、手術の成功率はやはり低いまま。何としても息子を救いたいファン理事長は、クァンシーをだましてでも先端治療を受けさせようと決意。治療を提供するハー会長の恩に報いるため、ムーチェンに身を引くよう迫る。クァンシーが手術室に入ったら、その場を立ち去れと。

第10話「思い出づくり」

第10話手術前日、ムーチェンとクァンシーは公園や写真館でデート。楽しい思い出を作る。教会でクァンシーは永遠の愛を誓うが、ムーチェンはごまかして何も言わない。そして手術当日、クァンシーは手術室に入り、ムーチェンは理事長に追われるように病院を後にする。だが麻酔の針が外れ、クァンシーは異変に気づく。追ってきたクァンシーに、ムーチェンは心を鬼にして別れを告げる。

第11話「花田村」

第11話ムーチェンを追っていたクァンシーは、ツァイに刺されて倒れる。そして、緊急手術。目覚めた時、クァンシーはすべての記憶を失っていた。6年後、トゥオイエの故郷・花田村。ムーチェンは女手1つで、糖尿病の息子・シャオラーを育てている。シャオラーは、自分の父親は遠い宇宙にいる宇宙人で、いつか迎えに来てくれると信じていた。一方、クァンシーは弁護士になり、正義よりも成功を優先して勝訴を重ねていた。

第12話「プロポーズ」

第12話花田村の土地は、村長の孫・ピンの名前で登記されていたが、ピンが賭けで借金を負わされ、グローバルグループに奪われようとしていた。クァンシーはイーチエンへのプロポーズに成功。すべて順調に見えたが、性的暴行をめぐる裁判で、過去の記憶が頭をよぎり、依頼人を殴ってしまう。その結果、花田村で240時間の法律奉仕を命じられる。

第13話「宇宙人パパ、現る!?」

第13話運命のいたずらで花田村を訪れたクァンシー。運転していた車がパンクし、ムーチェンの乗ったミニバスの行く手をふさいでしまう。そこではすれ違った二人。だが、迎えに来たシャオラーは、車とバスの状況を見て、クァンシーを宇宙から迎えに来た“宇宙人パパ”だと思い込む。そしてクァンシーは、ムーチェンとシャオラー母子の家に滞在することに。

第14話「6年後の再会」

第14話クァンシーとの再会に困惑するムーチェン。クァンシーが結婚指輪をしていることに衝撃を受ける。だが、クァンシーが記憶を失っていることを知り、過去の関係や、シャオラーがクァンシーの子供であることを隠して乗り切ろうと決意。わざと冷たく接するが、クァンシーの秘書を務めざるを得なくなる。

第15話「疑念と反発」

第15話クァンシーは法律相談をスタート。秘書のムーチェンと友人になろうとするが、冷たく突き放される。翌日、ハー会長の筋書きどおり、クァンシーは村民に補償金を受け取らせて、立ち退きを進めようとする。だが村民は反発。ムーチェンからも攻められる。そんな中、黒いチューリップの栽培に失敗し、借金を背負ったヤサイおじさんが自殺を図ろうとする。クァンシーは、機転を利かせて自殺を思いとどまらせ、ムーチェンとの距離にも変化が…。

第16話「家族参観日」

第16話ホンとケンカしたシャオラーに、クァンシーは、事実と向き合い過ちを認めることの大切さを教える。クァンシーの変わらぬ一面に気づいたムーチェンは、シャオラーの父親との思い出を語り、シャオラーをくれたことへの感謝を口にする。幼稚園の参観日、クァンシーはシャオラーの夢をかなえようと、宇宙人パパとなって登場。幸せな時間のあと、シャオラーは自分の父親がクァンシーでないこと、父親は宇宙人でもないことを認め、ホンと仲直りする。

第17話「花田村の疑惑」

第17話クァンシーは悩んだ末、花田村のために力を尽くそうと決意。だが村民は、クァンシーがハー会長の娘の婚約者であることを知り、だまされていたと激怒する。そんな中、グローバルのガラス工場から出る排水が原因で、村の地下水が汚染され、グローバルはその事実を隠すために村の土地を入手しようとしているのではとの疑惑が持ち上がる。立ち退き期限を翌日に控え、村民はクァンシーを再び信じて、事実の究明を託す。

第18話「思い出の聖徳大学へ」

第18話イーチエンは父親の工場が環境汚染を引き起こしたとの疑惑を知り、ショックを受けるが、変わらずクァンシーを応援する。その夜、グローバルの事業部長シューが、立ち退きの強制執行を予告するため村に現れた。そこで、シューはムーチェンに気づく。過去の記憶を失っても、やはりムーチェンを助けているクァンシーに、シューは憐憫と皮肉の言葉を残して去る。そして立ち退き当日、クァンシーとムーチェンは、グローバルによる環境汚染の証拠をつかむため、聖徳大学で開催される講演会に潜入する。

第19話「土壌汚染の真相」

第19話クァンシーとムーチェンは、グローバルが役人と結託して環境汚染をもみ消した証拠をつかむ。偶然訪れた聖徳堂で、ムーチェンはクァンシーから記憶が欠落した寂しさやむなしさを聞かされ、複雑な思いに。クァンシーは花田村に戻ると、ハー会長と直談判。村の土地を村民に返すことと、補償の約束を取り付ける。手術前のクァンシーの性格に戻りつつあることに、会長は不審と不快感を抱く。村の存続を祝う祝賀会のあと、クァンシーはムーチェンが聖徳大学で働いていたことを知る。

第20話「記憶のかけら」

第20話クァンシーは記憶の中に残っている女性が、ムーチェンでないかと考えるが、ムーチェンは否定。過去にこだわるのは意味がないとクァンシーに忠告する。イーチエンが花田村を訪ねてくる。クァンシーの前では、クァンシーとムーチェンの過去を知らないふうを装っていたが、翌朝、6年前になぜクァンシーを捨てたのかとムーチェンを問い詰める。ムーチェンはイーチエンの誤解をあえて訂正せず、過去を蒸し返すまいとする。

第21話「涙の別れ」

第21話クァンシーが台北へ帰る日、トゥオイエはムーチェンへ愛を告白。ムーチェンは受け入れる。トゥオイエを慕い続けていたチーシンは、それにショックを受け、トゥオイエの幸せを祈りつつ家を出る。一方、涙ながらにクァンシーを見送ったシャオラーも、クァンシー恋しさに独りで台北へ向かう。インシュリン注射を打たないまま、シャオラーが姿を消したことで、ムーチェンは不安にかられ、自分を責める。

第22話「シャオラー出生の秘密」

第22話台北に着いたシャオラーは、クァンシーの母親・ファンと偶然に出会う。糖尿病の影響で倒れたシャオラーは大ケガを負い、ファンがイーチエンの病院に運び込む。一方、ムーチェンとトゥオイエも台北に駆けつけ、クァンシーと共にシャオラーを捜していたが、イーチエンからの連絡を受けて病院へ。そこでムーチェンはファンと再会することになる。シャオラーの輸血をめぐって、イーチエンはクァンシーとシャオラーが父と子であることに気づく。

第23話「よみがえる記憶」

第23話結婚式前夜、クァンシーは今に生きる覚悟を決める。だが直後、シャオラーに贈ったバングルの中からSDカードを発見。データを開くと、ムーチェンと共に写った自らの写真が…。そこから一気に記憶がよみがえる。翌日、ムーチェンが教会で式の準備をしていると、クァンシーが現れ、外へ誘い出す。向かった先は、6年前クァンシーがムーチェンを引きとめようと追って走り、ツァイに刺された場所だった。自分を捨てたムーチェンをなじるクァンシー。イーチエンとの婚約も破棄し、シャオラーを引き取ると宣言する。

第24話「復しゅうに燃える心」

第24話イーチエンはクァンシーに過去を隠し続けた理由を説明する。だがクァンシーは情報操作によって人生を操られたと感じて反発。自分が受けたのと同じ苦しみをムーチェンに味あわせると言い放つ。一方、シャオラーを奪われることを恐れるムーチェンに、トゥオイエはプロポーズ。結婚して経済的にも安定すれば、親権を奪われる心配もなくなると説かれて、ムーチェンも同意する。しかしトゥオイエはクァンシーの通報によって、密造酒の製造所持の容疑で逮捕されてしまう。そしてクァンシーはシャオラーと共に暮らしたいなら、自分と結婚しろと迫る。

第25話「強いられた結婚」

第25話イーチエンは、クァンシーにムーチェンと向き合うことを勧めて去っていく。シャオラーを奪われたくないムーチェンは、逮捕されたトゥオイエを救い、シャオラーに家庭を与え、クァンシーに機会を与えるためにと、クァンシーとの結婚を決意する。だがクァンシーはトゥオイエとの関係を疑って、ムーチェンに冷たく当たる。釈放されたトゥオイエはムーチェンの結婚を知り、深く傷ついて別れを告げる。

第26話「仮面夫婦」

第26話クァンシーと暮らし始めたムーチェン。だが二人の関係はギクシャクしたまま。ファン理事長もクァンシーのこの結婚に不満で、シャオラーを孫と認めない。そんな中、性的暴行事件の被害女性で原告のウー・リーフアが自殺未遂を図る。被告リー・ワンツァイの代理人を務めていたクァンシーは、犯行の模様を撮影した証拠DVDの隠滅を図ったとマスコミに書き立てられ窮地に。

第27話「レイプ事件の傷跡」

第27話クァンシーはリーの性的暴行の証拠となるDVDを自身が所持していたことを知るが、リーの代理人だった立場上、動きが取れない。ムーチェンはクァンシーを助けるため、夫に代わってウー・リーフアに謝罪し、彼女の力になろうとするが拒絶される。一方、トゥオイエは、家出したチーシンがファンに捕らえられていたことを知る。

第28話「罠に堕ちたチーシン」

第28話ウー・リーフアはリーを殺そうとする。止めに入ったムーチェンは、クァンシーをかばって刺される。クァンシーは良心に背いてリーの弁護をしてことについて、ウー・リーフアに謝罪。弁護士生命を危うくすることを覚悟の上で、証拠DVDを警察に提出する。病院からの帰り道、二人は公園で傷ついたひな鳥を助ける。6年前と同じ状況が繰り返され、6年たっても実は何も変わっていなかったのかも…と口にするムーチェン。一方、トゥオイエはチーシンを救おうとファンと直談判。だが、百万元の大金を要求される。

第29話「妻への疑惑」

第29話ウー・リーフアの一件以来、距離が縮まりつつあったムーチェンとクァンシー。だがムーチェンは、トゥオイエの母親から、息子の窮地を救うために金を貸してくれと頼まれ、金を工面するために結婚指輪を質に入れてしまう。それを知ったクァンシーは怒り、ムーチェンの本心が読めずに困惑する。夫婦仲を案じた部下のゲリーの進言を入れて、クァンシーは離婚訴訟の依頼をしてきた顧客との面会にムーチェンを伴う。面会場所は海辺のリゾートホテル。そこに現れた顧客はチャン・アイリーだった。

第30話「命がけの救出」

第30話アイリーはムーチェンを監禁。その間にクァンシーを誘惑しようとするが、その様子を写真誌の記者に撮られる。浮気スキャンダルになりかけたところに、ムーチェンが現れてクァンシーの名誉を守る。だがクァンシーと二人きりになると、ムーチェンはクァンシーとアイリーとの仲を疑って不満をぶちまける。本心を聞いたクァンシーは、自分も同じようにトゥオイエとの仲を誤解していただけかも、二人はまだやり直せるかもと口にする。一方、トゥオイエはチーシンを救うためファンに金を渡す。だがファンに殺されかかり、もみ合いに…。気づくとファンの首には燭台が刺さっていた。

第31話「家族の絆」

第31話クァンシーはムーチェンとやり直すことを期待していた。だがムーチェンがトゥオイエのために結婚指輪を質に入れ、それを最後まで打ち明けなかったことに傷つき、彼女を再び信じられなくなる。そこへ、トゥオイエがファンを刺して自首するとの連絡が入り、ムーチェンはクァンシーを置いて花田村へ向かってしまう。逮捕されたトゥオイエは罪をすべて認める。ムーチェンの願いを受けて、クァンシーはトゥオイエの弁護を引き受けることにするが、二人の関係は最悪の状態に…。

第32話「殺人の記憶」

第32話離婚を決意したクァンシーに、母親のファン理事長は「愛する人を傷つけまいとして、人はうそをつくことがある」と諭す。その口ぶりから、クァンシーは父の死に初めて疑問を抱く。その一方、トゥオイエの裁判に向けて準備を始める。だがトゥオイエは非協力的で、何かを隠している様子。チーシンは事件の核心部分の記憶を失っていた。クァンシーはチーシンがカギを握っているとにらむ。

第33話「明かされる真実」

第33話トゥオイエの裁判が始まった。検察側は殺人未遂罪での厳罰を求める。ムーチェンはトゥオイエのために証言。クァンシーは検察側の証拠や証言の無効性を主張し、トゥオイエの自白の疑問点を指摘。真犯人はチーシンとの大胆な仮説を披露する。トゥオイエは狼狽し激しく否定する。だが、そこへ記憶を取り戻したチーシンが現れ、自分がファンを刺したと告白した。釈放されたトゥオイエから、クァンシーは6年前にムーチェンが去った本当の理由を聞く。

第34話「幸せは、きっとすぐそこに」

第34話クァンシーは父親の死の真相、母が自分のためにうそをつき、憎まれ役に耐えてきたことを知る。ようやく母親と和解したクァンシー。母はムーチェンとのチャンスを捨てるなと励ます。一方、ムーチェンもトゥオイエから、正直な気持ちをクァンシーに伝えろと励まされていた。だがクァンシーは、ムーチェンの元へ離婚協議書を届けさせ、アメリカへ旅立とうとしていた。クァンシーが、シャオラーの親権も手放して離婚を申し出たことに、ムーチェンはショックを受ける。そして…。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.