KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
凍える華
ストーリー
あらすじ
※2020年2月20日(木)スタート!
母と二人で慎ましく暮らすナヨン(イ・ユリ)は、教会でピアノの練習が唯一の楽しみ。そんなナヨンのピアノの音色に誘われテジュン(ソ・ジュニョン)は教会に通うようになる。だが、幸せもつかの間、ナヨンは唯一の家族である母を交通事故で失ってしまう。母の初恋相手だったギョンワンは、ナヨンを引き取り一緒に暮らすが、ナヨンの母からギョンワンを奪った妻のユギョン(キム・ヘリ)はナヨンの存在を疎ましく思っていた。そして、娘のセジン(パク・ハナ)も、ナヨンに冷たく当たる。ある日、ナヨンはユギョンが隠した母の写真を探していると、母が亡くなる際に握りしめていたイヤリングの片方をユギョンの部屋で見つける。その姿を見て焦ったユギョンは、ナヨンを家から追い出し養護施設に送る...。15年後、テジュンとナヨンは愛を育み将来を約束する仲になっていた。そしてセジンは、束縛の激しい夫との離婚が成立したばかりだった。ペクドグループに主席で入社したテジュンは、会社からアメリカ留学の提案を受ける。しかしそれには、セジンの同行が条件だった。
第1話「12歳の誕生日」

裕福ではないけれど、母ユネと二人で支え合ってきたナヨンは、明るくしっかり者。ある日、母と12歳の誕生日を祝っていたナヨンは、トイレで人違いをされる。その話を聞いたユネは慌てた様子で店を出る。そしてこの夜、ナヨンはある男の子と出会う。

第2話「母との別れ」

ユネの同級生ユギョンの娘がギョンワンの子でないと知ったユネだが、ユギョンと口論の末に交通事故で死亡する。一方、その事故を起こしたトラック運転手チャンソプの葬儀でユネの死を知ったギョンワンは、ナヨンを自身の家に連れて帰る。

第3話「腕時計」

チャン家の居候となったナヨン。ユギョンの娘セジンは、ギョンワンがナヨンに贈った腕時計を見て悔し涙を流す。一方、実母に捨てられ伯母に虐げられながらも勉強に励むテジュンは、ペクドグループ奨学財団の奨学生に選ばれる。

第4話「母娘の嫉妬」

ナヨンがユネの娘だと知り、ナヨンに憎しみを抱くユギョン。セジンも父親の愛情を奪われる不安から、ナヨンに意地悪を繰り返す。一方、雨の日に黄色い傘をくれた女の子ナヨンを思うテジュンは、ギョンワンの自宅に招かれる。

第5話「同じ形のイヤリング」

ユギョンの異母姉弟であるフィギョンに助けられ何とかお使いを済ませたナヨンは、チャン家でテジュンと再会する。ある日、ユネの写真の切れ端を見つけたナヨン。ユギョンの部屋に写真を探しに行くがそこで見覚えのある物を見つけ...。

第6話「屋根部屋の庭でプロポーズ」

ユネの事故から15年後、チャンソプの妻マルスクの家族となったナヨンは、マルスクと共に宅配弁当業に精を出す。ナヨンの献身的な支えで大学を卒業したテジュンはペクドに入社。その頃、セジンは不倫離婚で世間を騒がせていた。

第7話「チャンス」

突然訪ねてきたテジュンの母マンジョンに戸惑うナヨン。会社負担で留学の機会を得たテジュンはナヨンとの結婚の約束もあり、返事を保留する。ギョンワンに会いにペクドを訪れたセジンは、そこで会ったテジュンと口論になる。

第8話「留学の決意」

テジュンは留学を決断するもナヨンに言いだせずにいた。その頃、セジンはペクドの会長である祖父マンジェから会社のために夫とやり直すよう命じられ、強く反発する。一方のナヨンはなぜか頻繁に吐き気を感じるようになり...。

第9話「再会」

元夫の姑に罵られているところをテジュンに見られたセジンはばつが悪くなるが、彼が15年前に会った少年だと気づき再会を喜ぶ。一方、テジュンに留学の件を打ち明けられたナヨンは、テジュンのことを考え結婚の延期を提案する。

第10話「2人きりの結婚式」

テジュンの子を身ごもったナヨンだが、偶然妊娠を知ったマンジョンに産むことを反対されてしまう。留学を1週間後に控えたテジュンは、ナヨンを教会に連れていき結婚の誓いを立てる。その頃、セジンはテジュンとの再出発を夢見ていた。

第11話「5年の歳月が変えたもの」

テジュンの渡米から5年。ナヨンはテジュンに知らせずに産んだ娘のセビョルを育てながら、恋人の帰りを待っていた。テジュンの帰国予定日に胸をときめかせ空港へ向かうナヨン。その頃、マンジェの危篤によりフィギョンも帰国する。

第12話「泣きたい時は泣けばいい」

テジュンがセジンと帰国したことを知らないナヨン。空港でテジュンを待つ間、セビョルが行方不明に。そんな中、意識が回復したマンジェは早速フィギョンに見合いを勧める。一方、セジンはユギョンにテジュンを紹介し結婚を宣言する。

第13話「再出発の選択肢」

テジュンとの結婚に猛反対するユギョンに、セジンは妊娠していることを告白する。そんな中、空港で世話になったフィギョンに、携帯電話を返すため待ち合わせ場所の病院を訪れたナヨン。そこでアメリカにいるはずのテジュンを見かけ...。

第14話「女の影」

イラ立ちを募らせるセジンのため、けりをつけようとナヨンを呼び出したテジュンだが、そこにいるセビョルを見て激しく動揺する。一方、マンジェに逆らい見合いを拒み続けるフィギョンは、倒産寸前のAP食品の倉庫勤務を命じられる。

第15話「テジュンの苦悩」

セビョルが自分の娘だと知り苦悩するテジュン。突然、連絡が取れなくなったテジュンを捜し回るセジンは、腹に激痛が走り倒れてしまう。一方、再びテジュンに呼び出されたナヨンは浮き立つ思いでテジュンのマンションへと向かう。

第16話「白マムシの正体」

テジュンと再会し喜びに浸るナヨンだが、テジュンは自身の裏切りを告げ、ナヨンを突き放す。その頃、世間では白マムシの記事によりセジンとテジュンの結婚説が出回っていた。一方、マンジェはフィギョンの見合い話を勝手に進める。

第17話「父親でいてあげて」

セビョルを連れてテジュンのマンションを訪れたナヨンは、セビョルの存在を隠していたことを必死に謝るが、テジュンは依然として冷たい態度を取る。一方、倉庫勤務のフィギョンはAP食品のモラルに反する対応を目の当たりにする。

第18話「必ずあなたを取り戻す」

自分からセジンに話をつけるとテジュンに告げるナヨン。テジュンは、やりきれない怒りをマンジョンにぶつける。一方、セジンに根負けし、しぶしぶテジュンを家へ招くことにしたユギョン。セジンは大喜びでテジュンに報告する。

第19話「彼と彼女のための手料理」

出張料理の仕事を終えたナヨンは、チャン家の外でテジュンと鉢合わせする。誤解したテジュンは、激しくナヨンをなじる。一方、突然会社を訪ねてきた見合い相手の顔を見たフィギョンは、以前に空港で会った女性だと勘違いする。

第20話「最悪の見合い」

父親がいないと友達にからかわれたセビョルを見て心を痛めたナヨンは、セビョルに会いに来るようテジュンに連絡するが無視されてしまう。一方、見合い相手の記者ドヒと食事に行ったフィギョンは、ドヒから質問を浴びせられる。

第21話「パパ熊は暖めてはいけない」

セジンにセビョルの存在を打ち明け、父親の役割を果たしてほしいとのナヨンの言葉に苦悩するテジュン。マルスクはテジュンの裏切りを知り、悲しみと怒りが止まらない。一方、ナヨンは意外な人物から電話で呼び出されるのだが...。

第22話「テジュンの恋人の正体」

ギョンワンはテジュンの恋人がナヨンだと知り動揺するも、セジンのために身を引くように言う。ペクドに乗り込んだマンジョンは会社に来ていたセジンと対面。一方、ドヒはお見合いの証拠を残すためフィギョンをデートに誘うのだが...。

第23話「白マムシの提案」

セジンのウソを信じ、ナヨンに怒りをぶつけるテジュンに、ナヨンはセジンにすべて打ち明けに行くと言い放つ。一方、記者であるナヨンの姉ウンボンは、セジンの結婚で傷つく者を救うために力を貸すとドヒから連絡を受ける。

第24話「悲しい決断」

セビョルを盾にギョンワンから脅されたナヨンは、偶然を装いチャン家を訪問する。帰国祝いの食事を作ったナヨンを見て、動揺するギョンワンとテジュン。ナヨンを問い詰めようと外に出たテジュンだったが、そこにセジンが現れ...。

第25話「ママはもう泣かない」

テジュンとの決別を決めたナヨン。最後にセビョルとテジュンを会わせるが、その様子をこっそり見ていたセジンは、テジュンの態度に不安を覚える。一方、フィギョンの離婚に興味を抱いたドヒは、フィギョンに真相を尋ねるが...。

第26話「写真の女」

ギョンワンが隠し持っていた写真の女性がナヨンではないかと疑うユギョンは、調査を依頼する。一方、セジンはナヨンが管理していたテジュンの給与口座を、手切れ金として受け取るようナヨンに迫る。通帳を手に取ったナヨンは...。

第27話「本部長 パク・フィギョン」

ギョンワンの計らいで本部長に昇進するも気乗りしないフィギョンだったが、ユギョンに無能呼ばわりされ心を決める。セジンはテジュンのセビョルへの思いに気づき不安を抱く。一方、ドヒはフィギョンの前妻に接触を図るが...。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.