KBS京都TV

韓国ドラマ

韓国ドラマ
冬のソナタ
ストーリー
あらすじ

※2019年4月5日(金)スタート!

韓国の春川(チュンチョン)に住む高校生のユジンは、母と妹の3人家族。亡き父の親友の息子、サンヒョクとは幼なじみで、同じ高校に通っている。昔から隣でユジンを見てきたサンヒョクは、ユジンにひそかに想いを寄せていた。
そんなある日、ユジンは学校へ向かうバスの中で居眠りをして乗り過ごしてしまう。慌ててバスを降りたユジンがふと隣を見ると、そこには1人の男子高校生が。ユジンは、その日の朝礼で彼が同じクラスに転校してきたチュンサンだと知る。惹かれ合わずにはいられなかった2人。甘く、切なく、そして儚い初恋物語が始まる。

第1話

第1話春川(チュンチョン)に住む高校生のユジンは、遅刻の常習犯だが成績優秀。クラスメイトで同じ放送部に所属している幼なじみのサンヒョクや美貌が自慢のチェリン、愛敬たっぷりのチンスク、そしてお調子者のヨングクら仲間と毎日楽しい高校生活を送っている。そんなある日、物静かな青年チュンサンが転校してくる。

第2話

第2話チュンサンとユジンが一緒に学校を抜け出した翌日、クラスは2人の噂で持ちきりだった。ユジンとチュンサンは週末にデートの約束をするが、サンヒョクに自分への嫌がらせでユジンに近づいたのかと聞かれたチュンサンは、思わずそうだと答えてしまう。その会話を偶然聞いたユジンは深く傷つき、週末のデートをやめて放送部の仲間と合宿に行くことにする。

第3話

第3話夜の山中で行方不明になったユジンをチュンサンが見つけたことで、2人はわだかまりを解消する。そして初雪の日、チュンサンとユジンは湖で楽しいひと時を過ごし、キスを交わす。2人はおおみそかにも会う約束をするが、ユジンの家で1枚の写真を見たチュンサンは突然姿を消してしまう。そして約束の日、雪が降りしきるなか、ユジンはチュンサンを待ち続けるが...。

第4話

第4話初恋を失って10年。ユジンは設計事務所のポラリスで働き、ラジオ局のプロデューサーとなったサンヒョクと婚約していた。婚約式当日、会場に向かうユジンは街でチュンサンに似た男性を見かけ、後を追って街中をさまよい、婚約式は中止になる。後日、久しぶりに高校の放送部で集まった仲間たち。フランス帰りのチェリンが、自分の恋人だという男性を紹介する。

第5話

第5話チュンサンに似た男性ミニョンは、ユジンが引き受けたスキー場の改装を依頼した会社の理事だった。一緒に仕事をすることになり、動揺したユジンは担当を降りようとするが、ユジンに興味を抱いたミニョンはユジンが担当者になることを契約条件に入れてくる。仕方なく担当になったユジンはできるだけミニョンと距離を置いて接する。そんなある日、2人は改装するスキー場の視察へ出かけることになり...。

第6話

第6話サンヒョクにミニョンと仕事をすることを言えずにいたユジンは、嘘を重ねてしまう。そんな中、チェリンはサンヒョクがミニョンとユジンが一緒に働いていることを知らないのだと気付く。ある日、ユジンとサンヒョクがレストランで食事をしていると、チェリンが偶然を装いミニョンを連れて現れる。その場で一緒に食事をすることになった4人は...。

第7話

第7話ユジンとポラリスの同僚たち、ミニョンとキム次長はバーで偶然会い合流することに。ゲームで初恋について質問されたユジンは答えず、罰ゲームとして飲めない酒を飲み泥酔してしまう。その後、一人で帰れない状態のユジンをミニョンは自分が滞在するホテルで休ませる。そこで、酔っていたユジンはミニョンをチュンサンだと錯覚してしまい...。

第8話

第8話チェリンから聞いていたとおりのユジンの姿に失望したミニョン。スキー場での工事が始まるが、仕事と割り切って接する2人の距離はみるみる遠くなる。しかし、周囲から聞くユジンの人柄がチェリンから聞いたものと違い、ミニョンはユジンの真の姿がどれなのか混乱する。そんな中、チェリンのショップを訪れたミニョンは信じられない話を耳にする。

第9話

第9話工事現場でミニョンをかばい、資材の下敷きになったユジン。軽症ですんだものの、駆けつけたサンヒョクとチェリンは複雑な思いにかられる。自分に似たユジンの初恋の相手が本当にいたことを知ったミニョンは、今まで嘘をついていたチェリンに別れを切り出す。そしてユジンに今までの誤解を謝り、もう一度初めからやり直そうと提案する。

第10話

第10話吹雪でゴンドラの運転が止まり、山頂のレストランで一夜を過ごしたユジンとミニョン。そこで思わず自分の想いを伝えたミニョンは翌朝、誰を愛しているのかとユジンに詰め寄る。するとそこへサンヒョクが現れ、ミニョンの問いかけに答えることが出来ないユジンを無理やり連れていく。ユジンはサンヒョクとの関係を修復しようとするのだが...。

第11話

第11話サンヒョクにミニョンを好きなのかと聞かれたユジンは口を閉ざしたまま視線をそらす。ユジンがミニョンを好きなのではという疑念から、嫉妬にかられたサンヒョクはユジンを無理やりホテルへ連れ込む。何とかホテルを抜け出し、泣きながらミニョンへ電話をかけたユジン。ただなら様子に気付いたミニョンは、ユジンのもとへ車を走らせるのだが...。

第12話

第12話ユジンからの婚約解消の申し入れを受け入れられずにいたサンヒョク。スキー場でのラジオの公開放送の日、家族や友人たちをスキー場に招待し、皆の前で一方的にユジンとの結婚を宣言する。しかしイベント終了後、ユジンは結婚の意思がないことを改めて告げ、一同を愕然とさせる。その場から逃げ出したユジンを追いかけたのは、ミニョンだった。

第13話

第13話ミニョンの別荘で夜を明かしたユジンとミニョン。ソウルに帰ったユジンは、母からサンヒョクを傷つけたことを責められる。さらにはサンヒョクもやってきて、別れたいのかとユジンを問い詰めるが、ユジンは泣きながら一言ごめんなさいと答えるだけだった。サンヒョクは怒りと失望のあまり抜け殻となって体調を崩し、ついには入院をしてしまう。

第14話

第14話愛してるという言葉を最後に、ミニョンの前から去ったユジン。自分のせいで死のうとしたサンヒョクのもとへ戻り、結婚を決意する。一方、傷心のミニョンは、休暇を取り別荘を訪れるが、そこで出会った男性から20年前にいた"チュンサン"という子供の話を聞かされる。その頃、サンヒョクと父のジヌはピアニストのカン・ミヒのリサイタルで遭遇し...。

第15話

第15話結婚の報告をするため、ユジンの父親の墓を訪れたサンヒョクとユジン。その帰りの車中で、ユジンはカン・ミヒのチラシを見つけ、彼女がミニョンの母親であることをサンヒョクに話す。そのことで、ある疑問が湧いたサンヒョクは、チュンサンの家族関係を探りに母校へと向かう。そんな中、ミニョンも春川 にあるチュンサンの家を訪れ...。

第16話

第16話ミニョンはついに自分がチュンサンであることを知る。母ミヒの主治医である精神科医を訪ねたミニョンは、自分は事故で記憶喪失になり、ミヒの願いでイ・ミニョンとしての記憶を植え付けられたという真実を聞かされる。一方、サンヒョクもまたミニョンがチュンサンだったと知るが、それをユジンに告げることなく、ミニョンにユジンを諦めるよう訴える。

PAGE TOP▲

KBS京都KBS TVKBS RADIO
Copyright© Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.