極上の京都

16回 漆工芸家 三木啓樂

第16回 漆工芸家 三木啓樂

 漆芸とは、木や紙などに漆を塗り重ねて作る工芸品のこと。三木啓樂さんは、京都市内で漆芸を家業としてきた三木家の三代目で、日本伝統漆芸展で入選するなど、今最も注目を集める、若き漆工芸家です。

 そんな三木さんが訪れるのは、少年時代の思い出の場所である六角堂。久しぶりに境内の鳩に餌をやり、しばしの間リラックスモード。さらに、三木さんのもう一つの思い出の場所である稲荷山にも足を延ばし、久しぶりの登山を楽しみます。運動の後は、三木さんご贔屓の店、世界のスープ料理が楽しめる「セデュール」で、美味しいヨーロッパの家庭料理を堪能。

 若き漆芸家が、愛してやまない極上の京都をたっぷりとお楽しみ下さい。

番組で紹介した「極上の京都」

■紫雲山 頂法寺 六角堂
京都市中京区六角通東洞院西入堂之前町248
075-221-2686

■セデュール
京都市中京区室町蛸薬師上ル鯉山町524 2F
075-221-1340

■伏見稲荷大社
京都市伏見区深草薮之内町68
075-641-7331