極上の京都

12回 料理研究家 杉本節子

第12回 料理研究家 杉本節子

 「おばんざい」とは、忙しい京都の商家で日々食されていた惣菜のこと。

 杉本節子さんは、江戸中期に洛中で呉服商奈良屋を創業した「杉本家」の次女として生まれ、生家に伝わる京の歳時記や年中行事にまつわるおばんざいを継承。始末をモットーにした簡単で美味しいレシピに定評がある料理研究家です。

 また杉本さんのもう一つの顔は、国の重要文化財に指定されている京町家「杉本家住宅」を後世へと伝え、保存してくこと。大店の面影を残す杉本家住宅の「おだいどこ(台所)」や「仏間」などを案内してもらい、「おだいどこ」で、おせち料理を作って頂くことに。出来上がったのは意外なことに、オリーブオイルやグランマニエ酒を使った洋風おせち。実は杉本さん、仏文学者の父親を持つ大のフランス好きで、料理学校では本格的にフランス料理を学んだ腕前の持ち主。今後フレンチ風にアレンジしたおばんざいも発信していきたいと語る杉本さんの意気込みを感じるおせちでした。

 杉本家から一歩外に出ると「京都で一番好きな庭」という西本願寺境内の「虎渓の庭」へと足を向けます。癒しのひと時を過ごした後、中京区にあるお気に入りのフレンチレストラン「カフェバスティーユ」へ赴き、美味しいワインと料理を堪能。「地鶏のオーブン焼き」は、料理研究家・杉本さんのお墨付きの一皿です。

 杉本さんが愛してやまない極上の京都をたっぷりお楽しみ下さい。

番組で紹介した「極上の京都」

■カフェ・バスティーユ
京都市中京区柳馬場通三条上ル油屋町94
電話 075-222-1228

■西本願寺
京都市下京区堀川通花屋町下がる   
電話 075-371-5181

■交易財団法人 奈良屋記念杉本家保存会
京都市下京区綾小路通新町西入ル矢田町116番地
電話 075-344-5724