極上の京都

5回 写真家 水野克比古

第5回 写真家 水野克比古

「美しい京都を撮る写真家」として、海外での評価も高い水野さん。まずは、水野さんが"常に帰っていける場所"と表現する左京区の「法然院」へ。

 撮影の日は、あいにくの雨模様。ところが、これまでに3冊の写真集を上梓した水野さんいわく、法然院のシンボルとも言える白砂壇は、雨の日の方がより白く美しいため、むしろ雨の日がお薦めなのだとか。

 続いて、毎日のように通い撮り続けている広沢の池、さらに少し足を伸ばして嵯峨野へ。中でも愛宕神社、「一の鳥居」の茶屋として親しまれてきた名店、「平野屋」は400年もの間、守られてきた茅葺き屋根の佇まいが、水野さんの被写体としても活躍してくれる頼もしい存在。

 また店の名物「志んこ」は、米粉をこねた団子に、きな粉と黒砂糖の奏でる優しいハーモニーも絶妙な水野さんのお気に入りのスイーツ。愛宕詣での旅人たちにも愛された門前菓子の素朴な味わいに心癒されます。

 「京都写真」の第一人者・水野さんが愛してやまない極上の京都をたっぷりお楽しみ下さい。

番組で紹介した「極上の京都」

■法然院
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地
電話 075-771-2420

■平野屋
京都市右京区嵯峨鳥居本仙翁町16
電話 075-861-0359

■水野克比古フォトスペース町屋写真館
京都市上京区大宮通元誓願寺下ル
電話 075-431-5500