今回は、JR亀岡駅から徒歩5分の所にある「京都ダイコクバーガー」を舞台に番組をお届けします。

関西ナンバーワンのバーガーを決めるコンテストで、グランプリを受賞!他店にはない独創的なバーガーをラインナップする「京都ダイコクバーガー」。経営母体となる会社は、建設業を営むだけあって、建物のデザインも神社風で斬新!そもそも、亀岡で気軽に食事をしながら集える場を創りたいと8年前に、初めての飲食業に挑戦!以来、常識にとらわれない創作メニューを次々に打ち出し、関西のバーガーファンを魅了し続けています。

一方、亀岡ではJAの農畜産物直売所を舞台に、定年後や転職して新たに農業に挑戦する人が増えています。専業農家とはまた違った視点から農産物づくりに取り組むことで、見えてきた新しい可能性とは??「挑戦」を支える「夢」と「やりがい」を、農業の現場からリポート!店では「挑戦」によって生み出された食材を使って番組オリジナルのメニューづくりにチャレンジして頂きます。

語り合う出演陣

新しいことに挑戦する楽しさや、やりがい、違った視点を持つことで見えてくる可能性について、語り合う出演陣。


京都ダイコクバーガー

今回の番組の舞台となった「京都ダイコクバーガー」(亀岡市北古世町1丁目12-2 0771-22-9408)

ビーフ100%のダブルチーズバーガー

バンズは米粉を使用、野菜や肉も国産にこだわり従来、バーガーでは使用しないような素材にも挑戦。(写真は店で一番人気の「ビーフ100%のダブルチーズバーガー」)

たわわ朝霧

今回は、JA京都ファーマーズマーケット「たわわ朝霧」で店に持ち込む野菜を探すことに。現在、直売所に出荷する生産者の数は約900人。定年後に、新たに農業に挑戦する人も増えているそう。

橋本さん

6年前に、本格的に農業を始めた橋本さんは、運送会社を経営して50年という経歴の持ち主。トラックの窓から、耕作放棄地が広がるのを見て、なんとかできないかと自身で農業に挑戦することに。高齢化で作業ができなくなった人の農地を借り受け、約200aの畑で、収益性の高い「九条ねぎ」を量産。

九条ねぎ

長年会社を経営してきた経験を活かし、農業法人を立ち上げ、10人程を雇用。「たわわ朝霧」に出荷することで、「橋本さんの九条ねぎは鮮度抜群でおいしい」との評価を得、取引先も広がってきています。

櫻井さん

3年前、定年を機に、農業の世界に飛び込んだ櫻井さん。畑は貸してくれる人があったものの、作った農産物をどうやって売ればいいか悩んでいたところ、「たわわ朝霧」が「うちに出荷すればいい」と、新たな挑戦を後押し。今では、20aの畑で四季折々、いろいろな農産物を生産しています。

挑戦

「ミニカボチャ」や「イタリアンいんげん」など、まだあまり直売所で売られていない新しい野菜づくりに取り組むほか、「トウモロコシ」なども人より早く出荷することで、収益性の高い農業に挑戦しています。

あぶり九条ねぎバーガー

今回は、「九条ねぎ」と「キタアカリ(じゃがいも)」を使って番組オリジナルのバーガーとフライドポテトを作って頂きました。写真は「あぶり九条ねぎバーガー」。山椒をきかせた新しい味わいの和風バーガーです。

<京都・食への誘い>

たわわ朝霧

今月、オープン9周年を迎えたJA京都のファーマーズマーケット「たわわ朝霧」。7月・8月は無休で営業し、日替わりで、特売なども行われています。生産者が日々、挑戦する中で作り上げた新しい野菜も販売中!ぜひお買い物にお越しください。(亀岡市 篠町 野条上又30番地 0771-23-8318 7月・8月は無休で営業)

番組プレゼント

今回は、「京都ダイコクバーガー」で利用頂ける食事券(ペアチケット)と、JA全農京都直営「みのる食堂」「みのりカフェ」で利用頂ける食事券(1000円)をそれぞれ5名の方にプレゼント。下記の応募フォームからご応募を!締め切りは、7月9日(月)到着分までです。