森脇健児のサタデーミーティング
AD日記出演者紹介メール


■ AD日記
■ [vol.68 2017.1.14.OA]

渡辺裕薫のサタデーミーティング!
いかがでしたでしょうか?
しんしんと雪の降る夜に開催された
1期に1度のお祭り、お楽しみいただけましたか?
いつものアシスタント席から、
森脇席へ移動したなべちゃん。
最初のジングルから
「森脇健児のサタデーミーティング!」と釘を刺されたものの、
今回は、特別回ですから、と、好き放題でしたね。
普段とはちょっと違うネタ盛りだくさんで、
一部の人にはかなり突き刺さったのではないでしょうか。

そんななべちゃんの向かい側、
アシスタント席に座ったのはMr.X(ばつ)こと、
若井やるきこと、中尾です。
今期は、一度出禁を食らっていた中尾ですが、
その後、奇跡の復活を果たし、
アシスタント席にまで上り詰めました。
今回は避雷針(ライトニングロッド)の役割でしたが、
むしろ、来週落ちる雷を増やしたような気も・・・。

2人の喋りは相変わらず新鮮ですね〜!
何回もいいますが、ネタがマニアックすぎて、
内野席もついていけないレベルでした・・・。

そんな今回、すっかり「縛り」から解き放たれて
かつかつコツコツのびのびと噛みまくっていたのは、
昨年末コンビを組んだ「はしっこウォーカー」の生田くん。
そして、松竹最後のトラにしね・ザ・タイガーさん。
お2人、スタジオでは羽を伸ばしていらっしゃいましたが、
中継先は、極寒の三条鴨川。
猛吹雪の中、今回は
なべプロの時間が押していたため、いつも以上に長く
外で待たされる羽目に。
相当寒かったようですよ・・・。
中継の様子もHPにアップされておりますので、
そちらでご確認ください!
帰ってきてからは、体が冷えすぎたおかげで、
なぜか逆に噛まずに喋っていらっしゃいました。
ちなみにスルメイカさんのメッセージは、
三条鴨川からおそらく、
持って帰ってきた・・・と思うので、
ご安心ください。

そして、なべプロがなぜ時間を押したのかというと、
登場したのは、恒例の大所帯
「シンデレラエキスプレスバンド渡辺バンド」!
すごい演奏でしたね!
2曲の生演奏を披露していただきましたが、
フリの部分は普段噛まないのに、
緊張でカミカミに・・・。
とはいえ、演奏は素晴らしかったので、オッケーですね!
最後のライブは随分昔。
今年はライブやりましょう!
とオンエアで話されていましたが、こちらは叶うのでしょうか?
今後の情報にご注目ください!

さて、来週は、恒例の公開ダメ出しです。
森脇さんは、にしねさんのように
「あんま聞いてなかったです」と言った時はみなさん、
「正体見せろ!!」でお願いします。
さて、おもちゃ箱は綺麗に片付けて、来週に備えましょう。
そして、戦士たちがスタジオに登場です。
サタミも終盤に近づいてきました!
この勢いで最後まで突っ走りますよ。
来週もお楽しみに!

ADさやま

写真 写真 写真 写真
過去のAD日記
▲ページトップ
■ コーナー紹介
サタミ中継日記 恋愛教習所 なべぷろ
若手芸人の中継現場を番組ADがレポート。 恋愛に悩む人々を森脇はじめサタミオールスターズが体をはって解決します。
出場希望メールを送る
シンプレ渡辺が芸能プロダクションマネージャーに扮し、各ジャンルの天才を紹介するコーナー。
サタデーミーティング用語辞典 Joshin 感動スタジアム サタデー査定塾スーパー!
途中から聞き始めたあなたにもサタミが良く解る用語辞典。用語の追加も受付中。 若手芸人が土曜の街に飛び出して、街行く人の感動ストーリーを聞きだします。 車の買い取り専門店JACが、お得な中古車の売り方を伝授!
相談メールを送る
シンガーソングティーチャーのそれが答えだ    
シンガーソングティーチャー大野実がリスナーの悩みにお答え。歌でエールを送ります。
相談メールを送る
   
▲ページトップ

■ 出演者紹介
森脇健児 森脇健児   渡辺裕薫 渡辺裕薫
半年間を全力疾走で駆け抜ける番組のメインパーソナリティー。
即興ポエムにも切れが加わり、さらにパワーアップ!
  ご存知サタデーミーティングの名参謀!
なべちゃんの絶妙な一言に、魅了されているファンも多い。森脇健児のトークフォローをしているように見せかけて、行くところまで行かせているターボエンジンのような人。
大野実 大野実      
シンガーソングティーチャー
「みのみの」の愛称で親しまれる現役高校教師。その歌声の魔力にみんなメロメロになる。最近、自分が勤めている高校に迷惑がかかるといけないからと気をつかって、「フリーの高校教師」といって、周りを困惑させている。
   
▲ページトップ


番組へのメールはこちら

[ KBS京都 ]

このページで公開されている写真等の転載・流用は固くお断りいたします。
Copyright (C) Kyoto Broadcasting System Company Limited. All Rights Reserved.