HOME » ラジオ » POWER FILE1143 » 2013年3月

POWER FILE1143

VOL.533 リスナーとわちゃわちゃしながら、うれしたのしの公開収録です!

あたたかい陽射しが降り注ぎ、花はほころび、虫は地表に現れてわちゃわちゃと働き出す季節。しかし「春やなぁ~」などとのんきに構えていられないのが、ラジオパーソナリティ家業です。担当番組が改編を乗り越えられるか否か。4月は、そんな重大問題に直面し、心臓バクバクの季節なのです。「ワクワクロックンロールバンド」を自称するミュージシャン、ワタナベフラワーも然り。「たくさんの人とふれあいたい」「一緒に音楽を楽しみたい」との想いを胸にお送りしている「ワタナベフラワーわちゃラジオ」(日/21時30分~22時)が、よもやの事態に陥っては大変!と、メンバーはやきもきしていました。しかし、心配ばかりしていても仕方がありません。ここは元気なワタナベフラワーらしく、攻めの姿勢で番組をアピールしようと思い立ったのが公開録音です。リスナーと交流できる(→わ~い、楽しみ~!)上に、番組とリスナーの絆もアピールできる!(→こちらは棚ボタ?)とあって、メンバーはノリノリ。番組にとって初めてとなるこの公開録音企画は、どのような結末を迎えたのでしょうか。

・・・続きをPDFで見る

2013年3月27日

VOL.532 春恒例のラジオの祭典。マルシェともリンクして元気に生放送
~いくよくるよの春の"どやさ"スペシャル~

ラジオに届く春のたより。すっかりおなじみとなった春の特別番組「いくよくるよの春のどやさスペシャル2013」を、今年も3月20日(水・祝)にオンエア。10時から16時30分まで6時間30分にわたってぶっちぎりの生放送でお届けしました。 パーソナリティはご存知、今いくよくるよです。梶原誠アナやパンチみつお、ミサイルマンら、かつての人気番組「いくよくるよのはりきりフライデー」を盛り上げた懐かしのメンバーが大集合。「銀シャリの炊きたてふっくらじお」(日/13時~14時)の銀シャリをはじめ各レギュラー番組のパーソナリティや、この日限りのスペシャルゲストも迎えて、笑いいっぱいの楽しいトークを繰り広げました。また今回は、地域の特産物やご当地グルメが集まる「KBS京都マルシェ2013春」ともリンク。イベント会場であるKBSホールからの公開生放送も盛り込んで、お送りしました。

・・・続きをPDFで見る

2013年3月25日

VOL.531 沖縄でもお世話になります!森谷・對馬と行く!沖縄満喫大人旅

昨年春、リスナーとともにタイに出かけた「森谷威夫のお世話になります!」(月~木/10時~14時)が、この春もツアーを企画。3月1日(金)から3日(日)にかけて、33名のリスナーとともに豊かな琉球文化に彩られた沖縄に出かけました。パーソナリティ森谷威夫・對馬京子と行く、「沖縄満喫大人旅」。沖縄の見どころをしっかりおさえた上で、「お世話」ならではのお楽しみも盛り込んだ、ちょっとよくばりな2泊3日をリポートします。

・・・続きをPDFで見る

2013年3月13日

VOL.530 晃瓶・薫と楽しく学ぼう、地 域のつながりの大切さ。自治会・町内会&NPO活動 おうえんシンポジウム

安心・快適な暮らしのために、自治会や町内会など地域のつながりはとても大切。また、社会のためにさまざまな活動に取り組むNPO法人も、私たちの暮らしを充実させる存在です。
そこで、こういった団体の活動を通じて地域のつながりについて考えようと、3月2日(土)にイオンモールKYOTOのSakura館4階Kotoホールで京都市主催「自治会・町内会&NPO活動おうえんシンポジウム」が開催されました。基調講演やパネルディスカッションなどのステージのほか、NPO法人の活動を紹介するブース出展もあるこのイベント。そこに、「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」(月~金/6時30分~10時)でおなじみの笑福亭晃瓶と中村薫がおじゃまし、いつもの楽しいお喋りで司会を務めながら、来場者とともに地域のつながりについて考えました。

・・・続きをPDFで見る

2013年3月12日

VOL.529 歌声にのせて届けたい、福島への想い。 コーラスイベント「輝く人生をあなたへ」

東日本大震災から2年。今でも震災の影響は被災地に暗い影を落とし、京都・滋賀にも福島などから避難してきた方が多く暮らしています。ふるさとから遠く離れて暮らす人や被災地で頑張る人。そんな方々にエールを送るため、KBS京都ラジオではコーラスイベントを企画しました。東日本大震災に寄せて同じ想いを抱く人々がともに歌い、その歌声を福島へ届けようというもの。楽曲は京都在住の歌手、木鶏(もっけい)さんが歌う「輝く人生をあなたへ」です。「日曜ワイドわれら夢の途中」(日/8時~10時35分)で、リスナーにコーラスへの参加を呼びかけたところ、応募が殺到。企画に賛同してくれた人はもちろんのこと、歌に感銘を受けた人、コーラスが大好きな人など、たくさんの方々が参加を希望してくれたのです。そこで当初30名だった定員を増やし、約100名でのコーラスに挑むことになりました。

・・・続きをPDFで見る

2013年3月 8日