ファミリーレストランのめちゃうま

仕切り

お仲間さん!いらっしゃっせ~DADA Journal さん 

6月25日

今日のお仲間さん!いらっしゃっせ~ のコーナーに
お招きしましたのは、
月一回 レギュラーで来てくださっている
DADA Journal の 杉原正樹さんです。

mecha_20180626-0d0e47e3547e230d05d681a550c30b789937d0af.jpg

♪ いらっしゃっせ~ ♪

今日のテーマは・・・『 仙人 』 の話

梅雨というと・・・紫陽花、かたつむり、
そしてカエル! 仙人とガマ。。。。

この季節だからでしょうか・・・
杉原さんの頭の中が「仙人」でいっぱいになっているそうです。

仙人って言葉は知っているけれど、
仙人って何なのか知ってそうでわからない、、、

調べてみると、
実は身近に仙人がモチーフに描かれている。

たとえば、、、
漫画「ドラゴンボール」に出てくる亀仙人は
カメに乗っていましたよね。

彦根にある龍潭寺に、
森川許六が描いた襖絵があり、
そこには9人の仙人が描かれています。

森川許六は彦根藩士で、
俳諧は芭蕉が師となり、
絵は許六が師となったといわれている人物。

杉原さんは、
その許六の襖絵に描かれている9人の仙人のうち
6人までは名前を特定できたのだそう。

なぜ判るのかって?
実は・・・
仙人はそれぞれ特徴あるアイテムと一緒に登場するのだそう。

でもあと3人はまだ判らない。

そんなことをいつも考えていたら、
彦根の宗安寺で見つけました。
カエルに乗っている石像です。

蛙のアイテムと一緒の仙人は
「劉海蟾(りゅうかいせん)」という名で
別名を「がま仙人」というのだそう。
がまを使って不思議なことをした仙人です。

『ナルト疾風伝』にもがま仙人がでてきますね。

宗安寺の石像は、がま仙人に違いない!と
確信している杉原さん。

今日は、
このように仙人とそのアイテムを調べて
ワクワクしている水無月の杉原さんのお話でした。

そんな楽しくまち歩きをしている杉原さんが
発行しているのが DADA Journal です。

毎月第4日曜日に読売新聞朝刊に折り込まれています。
(滋賀県湖東・湖北エリアのみ)

杉原さんには、毎月第4月曜日に
スタジオでいろんな情報を教えていただきます。

お楽しみに!!

カテゴリ:お仲間さん!いらっしゃっせ~