毎週金曜 14:30〜17:00 ON AIR  KBS京都ラジオ

平野智美のごきげんよう!

番組概要

滋賀のスタジオからお届けするプログラム。一日の疲れを感じはじめる午後のひとときに、リラックス気分で楽しめる音楽とトークを贈ります。滋賀情報も存分に盛り込んで、豊かな自然と文化に囲まれた地域の魅力がキラリと光ります。また、パーソナリティーならではのゆったり流れるようなお喋りも、心地よい昼下がりを演出します。

女性のためのアグリカフェと農業インターンシップの話題

6月8日

今日のさざなみサロンのコーナーは・・・
「女性のためのアグリカフェ」と
「女性のための農業インターンシップ」について
お話を伺いました。

滋賀県農業経営課地域農業戦略室  有元倫子さんに
スタジオにお越しいただきました。

gokigen_20180608-5f7406294a7c5cf87ced05114d659345dc3c18ed.jpg


まずは、
滋賀県の昨年度の就農状況をお話しくださったのですが、
男女全体で101人、そのうち女性が13人。
その内訳も自営で農業をされている方は5人で、
農業法人や株式会社などに就職された就職就労の方が8人。

やはり、女性は少ないんですね~

農業というと女性にとってはとっつきにくいかもしれませんが、
興味を持っている女性は多いそうです。

ただ、どうやって始めたらよいのかわからないのが実情。


よりスムーズに農業に取り組めるように手助けするための事業が
「女性の力を活かしたアグリビジネス創出事業」

今月から、
「女性のためのアグリカフェ」、
「女性のための農業インターンシップ」が行われます。

gokigen_20180608-0fc16ff88b09c11d00b95d7b1f585d26415a6f56.jpg


gokigen_20180608-f2adf30213fd7f2e29355de8889a220718f0d262.jpg

女性農業者との交流、相談や
短期間の就農体験ができます。

農業に少しでも興味がある女性の方は、
気軽に足を運んでみてください。

アグリカフェのお申し込みは、
インターネットで「滋賀県 アグリカフェ」で検索してみてください。

インターンシップは
「滋賀県 農業インターンシップ」で検索ください。

希望する就農への第一歩となると思います。

>>続きを読む

6月8日(金) オンエア曲

14:35 タイムマシンにおねがい / サディスティック・ミカ・バンド

14:56 時の流れに身をまかせ / テレサ・テン

15:13 時をかける少女 / 原田知世

15:20 渋谷で5時 / 鈴木雅之&菊池桃子

15:31 24時間の神話 / VOICE

15:42 時のいたずら / 松山千春

16:05 大きな古時計 / 平井堅

16:15 東京ららばい / 中原理恵

16:25 時間旅行 / 辛島美登里

16:44 時間よ止まれ / 矢沢永吉

16:53 ほたるこい 

16:55 時空の旅人 / 竹内まりや


彦根城博物館へ行ってきました♪

6月8日

番組前に行ってきました~
彦根城博物館。

gokigen_20180608-d47d2dcd039e4525694b5469b09ec35c301d8c47.jpg
ベビーカーも貸し出しています。
子育て中のファミリーにも優しい博物館です。

テーマ展
『華麗なる能の装い―女神と鬼神―』
の会期中でした。

gokigen_20180608-c90be7f9911aedb2cf66ae037392915de6dcbf1c.jpg
ひこにゃんも登場する時間となり、
蒸し暑い中をひこにゃんもゆるゆるとポーズを決めて
頑張っていました。


お茶席でひと休み・・・
gokigen_20180608-64b580d61d3c6ad2fa95c0300e02d6b41b4389b3.jpg

gokigen_20180608-3900b56785b3e18cf0394ae7b85dac7a041a03bb.jpg
お茶碗もお菓子も・・・紫陽花♪

和みますね~

近江美味しもの ~奈良漬け風の粕漬け~

6月1日

近江美味しもののコーナー

郷土の料理や素材を研究し、
近江の料理を伝承していく活動をされています
滋賀の食事文化研究会の皆さんに
美味しい料理のレシピや素材についてお聞きしています。

今日はスタジオに
滋賀の食事文化研究会の小島朝子さんにお越しいただき、
「奈良漬け風の粕漬け」のお話を伺いました。

gokigen_20180601-9615abcdac00a39479e0cb2d0e94772a24b1dcaf.jpg

今日の主役となるのが...酒粕
酒粕は日本酒を作るときに、
もろみを絞った後に残る白い粕のこと。

冬に粕汁や甘酒などに使われるのは、
板粕やばら粕といって、圧搾された粕をはがしたもの。

6月頃に酒屋さんの軒先に
「酒粕入荷」という張り紙が出されます。
それが奈良漬けなどに使う「踏み込み粕」のことで、
軟らかいそうです。

その踏み込み粕を使った
「きゅうりの奈良漬け風の粕漬け」を
作って持ってきてくださいました。

gokigen_20180601-1a2a252e4e86fbc7ccd0b2b2804e55a0cf24e63b.jpg

いい香りがスタジオに♪
がまんできない!
早速いただきます。
gokigen_20180601-a7825d3f00e9b5017086ecf87344c621415a3c40.jpg

とても深みのある味でおいしいので、
本格的な粕漬けに思うのですが、
案外と簡単に作れるんだそうです。

酒粕1㎏に、ザラメ(砂糖でも)250g、塩70gを
混ぜ合わせて練り、漬け床を作ります。

あとは、殺菌した容器に入れて、
キュウリを漬ければよいそうです。

そのまま3~5日置いたら食べられるといいますから
簡単ですよね。

いろんなお野菜で試してみても美味しそう。


ぜひ作ってみてください。


6月1日(金) オンエア曲

14:35 晴れたらいいね / DREAMS COME TRUE

14:57 悲しき雨音 / カスケーズ

15:14 雨のち晴レルヤ / ゆず

15:23 霧の摩周湖 / 布施明

15:33 私は嵐 / SHOW-YA

15:43 虹とスニーカーの頃 / チューリップ

16:05 ハリケーン / RATS & STAR

16:15 台風の歌 / プリンセスプリンセス

16:25 雨の慕情 / 八代亜紀

16:44 Blue Sky / Kiroro

16:53 グリーングリーン / 杉並児童合唱団

16:55 虹をみたかい / 渡辺美里


琵琶湖周航の歌資料館へ行ってきました

高島市今津町にある
「琵琶湖周航の歌資料館」に行ってきました。
gokigen_20180601-aeac88092e4f4cc72ee30bd3f413f52143d0f6b7.jpg

琵琶湖周航の歌 といえば・・・
滋賀県民の歌といってもいいぐらい
皆に親しまれ、歌われています。

今年 開館20周年の琵琶湖周航の歌資料館です。
gokigen_20180601-85be779968265c06982b9843f2d26e326bf7e7f4.jpg


琵琶湖周航の歌は
原曲「ひつじぐさ」のメロディーにのせて歌われ、
第三高等学校(現在の京都大学)の寮歌・学生歌として伝わりました。

ひつじぐさは、ひつじの刻に咲くスイレン科の花です。

その「ひつじぐさ」が咲いていました。
gokigen_20180601-9672eb50275048cc001f0b1b115d8d51d3904104.jpg

修復が始まっています

6月1日

昨年10月の台風の影響で
外壁の漆喰がはがれる被害があった
国宝・彦根城 多聞櫓

修復が始まり、
足場が組まれていました。

gokigen_20180601-cc8c7e1beb9ce8634d9f141b96dfc46e10019155.jpg

緑が濃くなって美しく、青空にそびえたつ彦根城天守です。

5月25日(金) オンエア曲

14:35 草原の輝き / アグネス・チャン

15:09 青葉城恋唄 / さとう宗幸

15:16 悲しくてやりきれない / ザ・フォーク・クルセダーズ

15:31 緑の風 / 大貫妙子

15:37 ブルー・シャトウ / ジャッキー吉川とブルー・コメッツ

15:44 森の小径 / 灰田勝彦

16:08 となりのトトロ / 井上あずみ

16:13 さらせ冬の嵐 / 山内惠介

16:23 プレイバック part2 / 山口百恵

16:40 大きな森の小さなお家 / 河合奈保子

16:50 みかんの花咲く丘 / 川田正子

16:53 深い緑のベルベット / 小泉今日子


3世代の贈り物とは・・・・

5月18日

今日のさざなみサロンのコーナーは・・・
子育てをしながら事業展開に奮闘する女性起業家のお二人に
スタジオにお越しいただきました。

gokigen_20180518-7ee7c884a9bac48cac2eaea13d32f4bbd4969827.jpg

おむつケーキクリエーターの深田知穂さんと
カジュアルキモノコーディネーターで着付師の服部千草さんです。


おむつケーキpetitpas(プティパ)として
オリジナルおむつケーキの製作販売活動をされていた深田さん。

一方、リサイクル着物のネット販売をされていた服部さん。

草津市が行っていた女性の起業を応援する事業で
知り合ったお二人。
お二人とも小学生のお子さんを持つママで、
同い年ということもあって意気投合。

ふたりでコラボした新商品を作りました。

おむつケーキと思い出のキモノのコラボ
その商品が『3世代の贈り物~未来へつなぐ誕生の奇跡~』

赤ちゃんの誕生記念に、
父母や祖父母の思い出の着物生地を使って作った
おむつケーキを贈り、
家族みんなで新しい家族を祝福する。。。

繋がる家族の絆を再確認してほしいと
考案されたそうです。

コラボ新商品の誕生には、苦労も多かったそうですが、
とてもキラキラ輝いているお母さんですね。

お母さんなんだから我慢する!というのではなく、
自分の時間を大切にすることで、
子どもたちや家族と一緒に笑って
元気よく過ごせるのですね。

勇気をだして一歩踏み出すことが大事!
とお話しいただきました。


3世代の贈り物は、
大津市打出浜の
「コラボしが21」 展示スペースで開催中の
『ママ起業家ふたり展』でご覧いただけます。

5月30日までの開催(土日祝は休館)です。

ひこにゃんの図柄入り『彦根市オリジナル婚姻届』

ひこにゃんの誕生日お祝いセレモニーが
彦根城天守前で行われた日に、
彦根市からこんな発表がありました。

『彦根市オリジナル婚姻届』を作製しました!と。

gokigen_20180518-cfd5799751218308c701d470ea30152bb599d247.jpg

今日、番組の中で紹介しました♪

彦根城や、花束を持ったひこにゃんの図柄入りです。

かわいい~~~♪

ひこにゃんも祝福してくれてますね。

『婚姻手続き早わかりBOOK』もついてます。


婚姻届を提出する市民課窓口近くには、
ひこにゃんのパネルも設置しているそうですよ。
記念撮影もできますね!

幸せなお二人の門出に
素敵な思い出となりますよう♪♪♪