パイン飴

今日のシャバダバ元気おやつは、

パイン株式会社さんが販売するパインアメです。

1951年にパインアメ第1号が完成。当時は瓶詰で1粒1円で販売していたそうで、
厳選されたパイナップル果汁とパイナップルの香料を使用しています。
それに隠し味に脱脂粉乳を配合して、甘酸っぱくてジューシーな味わいになっています^^

IMG_1954.jpg

そしてなんとこのパイン飴、みなさんよく観察したことありますか?

この飴の表面には、パイナップルをイメージして、24本のスジが入っているんですよ!
このため、一目で「パイン飴だ!」と分かるそうです。
またこのパイン飴、穴が開いていることで表面積が普通のキャンディよりも広く、口どけや味わいの広がりを楽しめます☆

IMG_1979.jpg

↑ スジ、分かりますか??


パイン飴を開発した当初、日本は戦後の傷跡が残っていて、生のパイナップルはもちろん、
缶詰めさえ手に入れる事が難しかった時に、どうにかして、パイン缶の美味しさを伝えたいという思いから誕生したそうです☆

さらにこのパイン飴、最初は穴あきではなかったそうで、当時、社長は「やはり穴が開いてなかったらパイナップルじゃない!」というこだわりを追求し、なんと、割りばしで
社員が穴を開けていたそうです(!)
おかげで社員のみなさんが腱鞘炎になったとか。。。。

その社員のみなさんの頑張りのおかげもあり(?)自動穴開け機を開発し、発売から、2年後の1953年に、今のパイン飴の原型が完成したそうです^^

そんなパイン株式会社さんは、岩下の新生姜とのコラボ商品「岩下の新生姜のど飴」や
京都府産の一番茶を使用したほうじ茶ラテ、抹茶ラテをイメージした「京のラテきゃんでぃ」、ひんやりパウダーをコーティングした「粉雪のど飴 苺」などが新しく商品ラインナップに加わったそうですので、、是非一度、こちらも食べてみてください☆

全国のコンビニ、スーパー、ドラッグストアなどで販売中です^^

さて、今週もリスナーの皆さんへのプレゼントを頂きました!!


みなさん、ふるって番組の感想やパイン飴への熱い思いなどを書いて、
ハガキ、メール、ファックスで、どしどし、ご応募ください!!

IMG_1953.jpg