HOME » 会社概要 » KBS京都のあゆみ

会社概要

KBS京都のあゆみ

昭和26年4月
民間放送初の予備免許
昭和26年6月
京都放送株式会社(呼称・ラジオ京都、KHK)創立
昭和26年12月
ラジオ放送開始 JOBR 1140KHz 500w
昭和32年4月
(ラジオ)舞鶴放送局開局 JOBO 1060KHz 100w
昭和33年10月
(ラジオ)福知山放送開局 JOBE 1560KHz 100w
昭和35年7月
(ラジオ)滋賀放送局開局 JOBW 1060KHz 100w
昭和38年11月
西日本初の高島屋サテライトスタジオ開設
昭和39年10月
社名を「株式会社近畿放送」(略称KBS)に変更
昭和40年5月
新社屋が京都新聞社ビルに完成
昭和40年6月
西日本初のオールナイト「KBS深夜放送」開始
昭和43年11月
近畿放送テレビ予備免許
昭和44年4月
テレビ本放送開始 JOBR-TV UHF 34ch
昭和46年12月
ラジオ本局 20KWに増力
昭和50年3月
国内初のテレソン番組「まり子のチャリティテレソン」放送
昭和51年4月
25時間交通安全キャンペーン「第1回かたつむり大作戦」放送
昭和55年4月
民間初のゴールデンアワーの情報番組「タイムリー10」放送開始
昭和56年4月
本社新社屋完成、呼称を「KBS京都」とする
昭和56年9月
皇太子殿下ご夫妻(現天皇・皇后両陛下)ご来訪、KBS京都放送会館をご見学
平成6年9月
会社更生法の適用を申請
平成7年10月
京都地裁が更生計画案認可、社名を「株式会社京都放送」に変更
平成8年2月
100%減資し、新資本金で、「新生KBS」として再建開始
平成17年4月
地上波デジタルテレビ JOBR-DTV 23chで放送開始
平成19年5月
資本金 20億62百万円に増額
平成19年10月
京都地裁から会社更生手続きの終結決定を受ける
平成23年7月
地上波テレビ放送のデジタル化完全移行(東北地方除く)
平成24年3月
地上波テレビ放送のデジタル化完了