KBS京都
著作権ならびに免責事項について

■著作権について

KBS京都の番組ならびにホームページに掲載されている映像、音声、写真、音楽等の著作物を、私的利用の範囲を越えて権利者の許可なく複製する行為、また、それらをインターネット上で公衆が取得可能になる状態にする行為は著作権侵害になります。

こうした違法行為は刑事責任を問われたり、権利者から損害賠償を請求されたりする可能性があります。また、著作物の全部もしくは一部を権利者の許可無く改変することも著作権法上禁止されています。


■免責について

KBS京都は本サイトに掲載された情報の正確性については充分に注意・確認した上で掲載しておりますが、情報が古くなったり、間違えている場合もありま す。

しかし、本サイトの情報が間違っていたためにご利用者様が損害を受けたり問題に巻き込まれたりしてもKBS京都は一切責任を負えませんので、本サイトの情 報はご利用者様自身の責任において利用下さい。


ケータイ
KBS京都ケータイサイト
▲ページ上

KBS京都