HOME » ニュース

ニュース NEWS

伏見の小中一貫校 校名は「向島秀蓮」に

統廃合で京都市伏見区に初めて創設される小中一貫校について、地元住民らから、きょう校名を「向島秀蓮」とする要望書が京都市教育委員会に提出されました。伏見区の向島中学校区は、児童・生徒数の減少から「向島南・向島二の丸・二の丸北」の3つの小学校と向島中学校を統合し施設一体型の小中一貫校として2019年4月の開校を目指しています。きょうは地元の協議会が新しい学校名を地域住民や児童・生徒などが応募した350の案のなかから、学識者などの意見を踏まえ、地元の最終案とし「向島秀蓮」を選び、京都市教育委員会に要望書を提出しました。子どもたちが地域に誇りや愛情を持って、未来にはばたいてほしいと願いが込められた校名は蓮の名所である巨椋池などがゆかりになっています。校名は今後教育委員会から京都市議会での協議を経て最終決定されます。

日時: 2017年9月20日 18:00

駐車場放火の疑いで70歳女逮捕

京都市伏見区の市営住宅の駐輪場で7月発生した火事でこの住宅に住む70歳の女が、放火の疑いできょう、逮捕されました。逮捕されたのは京都市伏見区向島の70歳の無職の女です。警察によりますと、女は7月25日、自分が住む市営住宅の駐輪場に作られた猫の小屋に放火した疑いが持たれています。火事はボヤ程度でけが人はありませんでした。防犯カメラの映像などで逮捕につながったということで、警察の調べに対し、女は「イライラしてやった」と容疑を認めています。

日時: 2017年9月20日 18:00

京都御苑でドローン

京都御苑内で小型無人機のドローンを許可なく飛ばしたとしてカナダ人の女性がきょうまでに書類送検されました。航空法違反の疑いで書類送検されたのは、カナダ人の無職の24歳の女性で先月23日、飛行禁止区域になっている京都市上京区の京都御苑下立売御門の東側から上空にドローンを飛ばした疑いが持たれています。このカナダ人女性は観光などのために京都を訪れ、容疑を認めていますが、「規制されているとは知らなかった」と話しているということです。今年に入って京都御苑ではドローン飛行に関する通報が10件あり、このうち7件は外国人によるもので警察では、飛行禁止区域であることを外国人にも広く周知を図りたいとしています。

日時: 2017年9月20日 18:00

京大 ES細胞から卵子の元

京都大学の研究グループはマウスのES細胞から卵子の元になる細胞を作成することに成功したと発表しました。これは京都大学大学院医学研究科の斎藤通紀教授らの研究グループが発表したものです。研究グループではこれまでマウスのES細胞から精子や卵子の元になる生殖細胞をつくり、そこから卵子の元になる細胞に変化させるには、卵巣の体細胞と一緒に培養していました。今回、生殖細胞に骨の形成を促すタンパク質やビタミンAを一週間ほど加え続けて培養したところ、90%以上の高い割合で卵子の元になる細胞に変化させることに成功したということです。この細胞からさらに卵子に変化させるには卵巣への移植などが必要ですが、研究グループでは今後、物質を加えるだけで卵子ができる技術の開発を目指しています。斎藤通紀教授は「人に応用できれば、不妊治療に役立つ可能性がある」と話しています。

日時: 2017年9月20日 12:00

京都市「民泊」独自条例へ検討

京都市は、きょうマンションや住宅の空き家などを有料で貸し出す「民泊」について市ならではのあり方を検討する会議を開きました。会議は民泊の営業基準や規制内容などを定めた住宅宿泊事業法が来年6月に施行されるのを受け、京都市独自の条例制定を検討するため設置されたものです。委員は、観光や住環境の専門家など学識経験者や弁護士らで構成され、きょうの初会合で座長に指名された京都府立大学の宗田好史教授は「民泊について京都の動向が注目されている。京都にふさわしいあり方を検討したい」とあいさつしました。委員からは「規制だけではなく、民泊を受け入れる自治体への支援についても考えるべき」や「市民生活の安心安全や調和が不可欠」といった意見が出されていました。京都市は民泊を含めたすべての宿泊施設の利用者に課税を求める宿泊税の導入を目指していて、違法民泊の把握などが不可欠となっています。

日時: 2017年9月20日 12:00

女子中学生にわいせつ疑い 講師の男逮捕

フェイスブックで知り合った京都市内の女子中学生にわいせつな行為をしたとして兵庫県立特別支援学校の講師の男がきょう、京都府警に逮捕されました。京都府青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されたのは、兵庫県立阪神特別支援学校の講師、元木大恵容疑者(23歳)です。警察によりますと元木容疑者は今年5月、京都市内に住む13歳の女子中学生が18歳未満であることを知りながら、京都市山科区内の山の中でわいせつな行為をした疑いが持たれています。元木容疑者はSNSのフェイスブックを使って女子中学生と知り合い、「夜景を見に行こう」などといって誘い出していたということで、警察の調べに対して「間違いありません」と容疑を認めています。

日時: 2017年9月19日 18:00

連続青酸事件 最後の事件の審理始まる

青酸化合物を使った連続殺人事件で高齢男性4人に対する殺人などの罪に問われた女の裁判員裁判はきょう、兵庫県伊丹市の男性に対する殺人事件の審理が始まりました。これが最後の事件です。起訴状などによりますと、筧千佐子被告(70歳)は2013年9月、兵庫県伊丹市の飲食店で、内縁の夫、日置稔さん(当時75歳)に青酸化合物を服用させ、殺害した罪に問われています。遺体は司法解剖されず、青酸は検出されていません。きょうの裁判で検察側は「被告は日置さんに公正証書を書かせ、1,500万円以上の遺産を取得した」として遺産目当ての犯行だと指摘しました。一方、弁護側は「青酸中毒の証拠がない」とし病死の可能性などを挙げるとともに「被告は事件当時、認知症だった」と無罪を主張しました。

日時: 2017年9月19日 18:00

京都 商業地の地価上昇率 全国トップ

京都府の今年の地価が発表され、商業地は4年連続上昇し、全国1位の上げ幅となりました。府内420地点を対象に行われた調査によりますと、今年7月1日時点の地価変動率は、住宅地はマイナス0.3%と10年連続の下落となりましたが、商業地は4年連続上昇で5.7%プラスと全国トップの上昇率となりました。住宅地では、京都市上京区室町通下立売上る勘解由小路町が1㎡あたり50万円と7年連続で最高価格を記録しました。商業地では、京都市下京区四条通柳馬場西入立売中之町のアオキビルが1㎡あたり470万円と4年連続トップとなりました。訪日外国人旅行者の増加を受け、特に伏見稲荷など人気の観光スポット周辺が上昇し、京都市伏見区深草稲荷御前町の宇野自転車商会は29.6%のプラスでした。

日時: 2017年9月19日 18:00