HOME » ニュース

ニュース NEWS

夏の甲子園初出場 京都翔英 壮行会

夏の甲子園大会へ初出場を決めた京都翔英高校硬式野球部の壮行会がきょう、京都府宇治市で行われました。壮行会では、生徒や保護者の大きな拍手が鳴り響くなか、浅井敬由監督を先頭に京都大会の優勝旗を手にした石原彪キャプテンらユニフォーム姿の野球部員が堂々と入場しました。はじめに、堤清彰校長が「甲子園では京都代表として、恥ずかしくない試合展開をしてほしい」と激励すると、浅井監督が京都大会を振り返り「優勝出来たのは支えてきてくれた人たちのおかげ」と感謝を述べました。そして、選手代表の石原キャプテンが、「全力プレーで全国制覇を目指します。全力で応援してください」と壮行会に参加した生徒や保護者らおよそ600人を前に決意表明をしました。甲子園練習はあさって行われる予定で、全国大会は、4日に組み合わせ抽選会が行われ、7日に開幕します。

日時: 2016年7月30日 18:00

土用の丑 市内のうなぎ店にぎわう

土用の丑の日のきょう、京都市内の多くのうなぎ店では、夏バテを防ごうと、多くの人で賑わいました。このうち、京都市中京区六角通新京極のうなぎ料理専門店 「京極かねよ」では、開店前から多くの人が並びいつもより30分早い午前11時に店を開けました。また仕込みも午前5時から行い、来客が最も多い日曜日と比べて、2倍のおよそ100㎏、600匹分のうなぎを準備したということです。きょうの京都市内の最高気温は35.5℃と19日ぶりに猛暑日となりましたが、店では夏の暑さに負けないようにと多くの人がうなぎを味わいました。店はきょう午後9時まで営業していますが、売り切れ次第、終了するということです。

日時: 2016年7月30日 18:00

土用の丑 三宝寺で「ほうろく灸祈祷」

土用の丑の日のきょう、京都市右京区の三宝寺では夏越行事「ほうろく灸祈祷」が営まれています。「ほうろく灸」は1年で最も暑いとされている土用の丑の日に毎年、夏越の行事として営まれる日蓮宗の祈祷で、頭痛や暑気払いなどに効くとされています。寺には、けさから続々と参拝者が訪れ、本堂で祈祷が始まると、僧侶たちが力強い声でお経を読み上げました。経文が書かれた「ほうろく」は直径20cmほどで、参拝者は「ほうろく」を頭に乗せ、その上の「もぐさ」に火を付けられると、神妙な面持ちで夏の間の健康を祈願しました。「ほうろく灸祈祷」は京都市右京区鳴滝の三宝寺できょう午後2時まで営まれています。

日時: 2016年7月30日 12:00

リオ五輪盛り上げるポスター展 八幡市

いよいよ来月開幕するリオオリンピックを盛り上げようとオリンピックのポスターや記念品などを集めた企画展が八幡市で開かれています。これは50年ほど前から古時計やうちわ、羽子板など骨とう品を趣味で収集する八幡市に住む大橋博司さんが企画したものです。会場となった八幡市の松花堂美術館の一階ロビーには、歴代のオリンピックポスターをはじめ、記念切手やグッズなど大橋さんのコレクションおよそ110点が展示されています。このうち、五輪のマークの中心に日本の国旗がデザインされた時計は、1940年の幻の東京オリンピックで、開催記念として作られた貴重な品だということです。この企画展は来月21日まで八幡市の松花堂美術館で開かれています。

日時: 2016年7月29日 18:00

「ながらスマホ」の危険性知る交通安全教室

自転車の運転中や徒歩での「ながらスマホ」の危険を知ってもらおうと、きょう、京都府長岡京市の乙訓高校で交通安全教室が行われました。教室はスマートフォン向け人気アプリ「ポケモンGO」の配信を受けて自転車の運転中や徒歩での「ながらスマホ」の危険性を知ってもらおうと向日町警察署が初めて開いたものです。きょうは乙訓高校の生徒およそ100人が参加するなか、スマートフォンを操作しながらの歩行や自転車の運転を披露するなど危険性を訴えました。向日町警察署によりますと、ポケモンアプリの配信以降、自転車運転中にスマホなどの画像を注視したとして、指導する件数が増えているということです。また、ゲームに熱中することで、ちかんやひったくりの被害にあう危険性が高くなることから、きょうは、防犯教室もあわせて行われました。

日時: 2016年7月29日 18:00

お金の大切さ学ぶ日銀夏休み親子セミナー

夏休み中の子どもたちが、お金の大切さを学ぶ体験セミナーがきょう、京都市中京区の日本銀行京都支店で行われました。 これは、国内の紙幣の信用と流通を管理している日本銀行の仕事やお金の大切さを学んでもらおうと、日本銀行京都支店と府内の金融関係団体でつくる京都府金融広報委員会が開いたもので、京都市内を中心に20人の小学生と保護者が参加しました。きょう行われたセミナーでは、日銀京都支店の職員が講師となって、偽造防止のため、紙幣に施された印刷技術を紹介しながらお札が本物かを見分けるポイントや紙幣の数え方などを分かりやすく説明しました。また、重さがおよそ10㎏ある1億円分の模擬紙幣や模擬貨幣を実際に持ち上げるなどして参加した子どもたちは楽しみながらお金の大切さを学んでいました。

日時: 2016年7月29日 18:00

肝炎ウィルス検査 受診呼びかける啓発活動

今月25日から31日までは、「肝臓週間」です。それに合わせてきょう、京都でも啓発活動が行われました。きょう午後、京都市内の四条河原町交差点で京都府肝炎対策協議会のメンバーら30人が肝炎ウイルス検査の受診を呼びかけました。ウイルス性肝炎の感染者は全国に300万人以上いると推定され、放置すると肝がんや肝硬変に移行することもあります。しかし、肝臓は「沈黙の臓器」ともいわれ、自覚症状がないケースも多いため、道行く人らに早期発見と適切な治療の重要性を訴えました。

日時: 2016年7月29日 15:30

母親をアイロンで殴る 殺人未遂で市職員逮捕

同居する母親をアイロンで殴り殺そうとしたとして、京都府警はきのう、53歳の京都市職員を殺人未遂の疑いで逮捕しました。逮捕されたのは京都市中京区の京都市上下水道局職員、前川英樹容疑者(53歳)です。警察によりますと、前川容疑者はきのう午後0時25分ごろ、自宅で同居していた母の起子さん(72歳)の後頭部をアイロンで殴り、ケガを負わせた疑いがもたれています。起子さんは命に別条はありませんが、頭部を複数カ所骨折していて、重傷だということです。警察によりますと、前川容疑者は「アイロンで殴って殺そうと思った」と容疑を認めていて、「母親が認知症のようになり部屋を汚すのが、きれい好きな自分にとって我慢できなかった」と話しているということです。前川容疑者は母と2人暮らしで、仕事は1年ほど休職しているということです。

日時: 2016年7月29日 12:00