HOME » ニュース

ニュース NEWS

京セラ 1億2,600万円横領で従業員を刑事告訴

総合電子部品大手の京セラはきょう、元従業員をおよそ1億2,600万円の業務上横領の疑いで刑事告訴したと発表しました。京セラによりますと、告訴したのは神奈川県内の工場で経理担当の責任者だった51才の男性です。この従業員は2007年6月から去年6月にかけ、支払いに必要な書類や上司の印鑑を偽造する手口で5回にわたりあわせておよそ1億7,900万円を架空の口座に振り込ませ、横領していたということです。去年7月、別の従業員が不自然な取引を見つけ発覚、京セラはこの従業員を去年8月末に懲戒解雇しました。社内調査に対し、元従業員は「住宅ローンの返済や遊興費にあてた」と横領を認め、およそ6,000万円を返金しています。京セラはきょう付けで元従業員をすでに時効となった分をのぞくおよそ1億2,600万円について業務上横領で刑事告訴し、残りの返金も求めています。京セラは「社内管理体制を強化し、再発防止につとめる」とコメントしています。

日時: 2018年2月19日 18:00

いろは呑龍トンネル工事 漏水対策会議

京都府の貯水施設「いろは呑龍トンネル」の地下の工事現場で、去年、漏水などの事故が発生したことを受け、京都府はきょう、原因と対策を検討する委員会を発足しました。「いろは呑龍トンネル」は京都市と向日市、それに長岡京市にまたがる桂川右岸地域で、増水した川の水をため込む地下トンネルとして京都府が整備しています。事故は去年11月、向日市鶏冠井町にある地下の工事現場で発生したもので、トンネルの中に漏水や土砂が流出し、地上の道路が陥没しました。きょう設置された委員会は事故の原因や対策工法を検討するもので大学教授や道路工事の専門家ら4人で構成されています。委員からは流出した土砂の大きさや性質などについて詳しく質問が出されていました。いろは呑龍トンネルの南幹線シールド工事は事故以降、中断していて府は委員会の意見を踏まえ、早急に工事を再開したいとしています。

日時: 2018年2月19日 18:00

京の6歳男児 米で心臓移植成功

重い心臓病の移植手術を受けるためアメリカに渡っていた京都市に住む6歳の男の子の手術が、成功したことが分かりました。京都市伏見区の片坐康祐ちゃん6歳は2014年、心臓の筋肉が硬くなって血液の循環機能が低下する「拘束型心筋症」と診断され、アメリカで移植手術を受けるため、両親らが募金を呼び掛けました。そして、募金の総額がおよそ1億4,000万円に達したため、おととし5月に渡米していました。支援団体によりますと、手術は現地時間の11日に行われ、容体は安定しているということです。両親は支援団体を通じ「心からお礼申し上げます」とコメントを出しました。

日時: 2018年2月19日 18:00

全国初!「和食文化学会」設立

和食文化をひとつの学問として扱う全国初の学会がきょう、京都市内で設立総会を開きました。「和食文化学会」は2013年に和食がユネスコ無形文化遺産に選ばれたことをきっかけに食にまつわる研究発表や研究者交流の場をつくろうと京都府立大学などが準備をすすめていたものです。きょう午後開かれた設立総会には研究者のほか料理人、生産者などおよそ200人が集まりました。京都では今年4月に龍谷大学が大学院農学研究科、立命館大学が食マネジメント学部を設けるほか来年4月には京都府立大学が和食文化学科など食に関する部門の新設が相次いでいます。和食文化学会では研究者以外にも加入を呼びかけ独立した「和食文化学」の確立をめざすとしています。あすは京都府立大学で記念のシンポジウムが開かれ、食文化や地方創生をテーマにするパネル討論が予定されています。

日時: 2018年2月19日 18:00

全国一斉「投資被害110番」

先物取引など投資被害の相談を弁護士が無料で受け付ける「投資被害110番」がきょう、全国一斉に行われています。これは、国内外の先物取引や、証券取引、仮想通貨などの被害者を対象に全国一斉に行われているものです。このうち京都では京都弁護士会に所属する弁護士2人が対応にあたり無料で電話相談を受け付けています。きょうは、磁気治療器の預託商法などを展開し事実上倒産したとみられるジャパンライフに関する相談も寄せられ弁護士が契約の内容や勧誘のきっかけなどを聞き取っていました。ジャパンライフについては、京都弁護士会が先月、無料相談窓口を設置したところ、1日だけで50件あまりの相談があり、被害総額は11億5,000万円にのぼったということです。全国一斉投資被害110番は電話番号075-231-2500できょう、午後4時まで受け付けています。

日時: 2018年2月19日 12:00

ミュージカル俳優 京都府庁へ

京都劇場で公演中のミュージカル『オペラ座の怪人』に出演している劇団四季のメンバーらがきょう、京都府庁を表敬訪問し山田知事と面談しました。京都府庁を訪れたのは『オペラ座の怪人』で主役のラウルを演じる鈴木涼太さんとダンサーなどをつとめる京都府出身の波多野夢摘さんです。2002年の京都初公演でもラウル役をつとめた鈴木さんは「初演のときから、演出もかなり変わり、見やすくなっている。山田知事に、ぜひもう一度見ていただきたい」とあいさつし、出演俳優らがサインしたパネルを手渡しました。これに対して山田知事は「知事に就任した16年前と退任する今年、ともに『オペラ座の怪人』が上演されている。自分との縁を感じる」とのべ公演の成功を願っていました。劇団四季の『オペラ座の怪人』は来月17日に国内通算7,000回を迎える、人気のミュージカルです。

日時: 2018年2月19日 12:00

桂川で身元不明の男性の遺体見つかる

きのう午後、京都市南区の桂川で、身元不明の男性の遺体が見つかりました。所持品を持っていないことから、警察は身元の確認を進めています。きのう午後1時50分すぎ、京都市南区吉祥院石原開町の桂川で、バードウォッチングしていた男性から「川に人が浮いている」と警察や消防に通報がありました。警察によりますと、遺体は30歳から70歳くらいの男性で、身長はおよそ170cm、上下灰色のスウェットに黒色のダウンジャケット姿で、27cmサイズの黒色の革靴を履いていたということです。所持品が見つかっていないことから警察は男性の身元の確認を進めています。

日時: 2018年2月18日 18:00

「京都マラソン」号砲 1万6000人が都大路を駆ける

およそ1万6000人が参加した「京都マラソン」がきょう行われ、ランナーたちは早春の都大路を駆け抜けました。スタート地点の西京極総合運動公園では、国内外から参加するおよそ1万6000人のランナーがスタートの瞬間を待ちました。午前9時、京都市の門川市長の号砲を合図にランナーは一斉にスタートしました。7回目となる今年の京都マラソンも42.195kmのフルマラソンと6・1kmの車いす競技、それに2人でたすきをつなぐペア駅伝の部門が設けられました。きょうの京都市内はスタートした午前9時の気温が1.7℃でしたが、天候にも恵まれマラソン日和となりました。世界遺産の仁和寺の前ではおよそ20人の僧侶が大きな声援をランナーに送っていました。仁和寺のほか、コースの沿道には6つの世界遺産が点在していて、ランナーたちは景色も楽しんでいるようでした。ペア駅伝の中継所となっている京都市左京区の府立植物園には、祇園甲部の芸舞妓が応援に駆け付け、舞妓らは「がんばれ」と書かれた手袋をつけてランナーを応援していました。またペア駅伝に参加したリオデジャネイロパラリンピックのマラソン銀メダリスト、道下美里選手が京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長にたすきをつなぎました。レースは男子が愛知県の久本駿輔さんが2時間23分44秒で、女子は大阪府の中島いづみさんが2時間51分57秒のタイムで優勝しました。平安神宮前では最後の力をふりしぼったランナーたちが次々とフィニッシュし、さわやかな笑顔を見せていました。

日時: 2018年2月18日 18:00