HOME » ニュース

ニュース NEWS

宇治署巡査部長 免職 職場の現金盗み、着服も 計109万円

京都府警察本部は、窃盗の疑いで逮捕された宇治警察署の男の巡査部長をきょう、懲戒免職処分としました。免職処分を受けたのは、宇治警察署生活安全課少年係の巡査部長・松岡直樹容疑者(31歳)です。京都府警察本部によりますと、松岡容疑者は、宇治警察署の生活安全課の執務室内でことし10月、同僚の男性巡査長が保管していた職員の積立金およそ18万円を盗んだ窃盗の疑いで先月、逮捕されました。その後の捜査で、松岡容疑者は、ことし7月から10月ごろまでの間、宇治警察署の会計課に嘘を言って、4回にわたって現金およそ83万円を騙し取っていたことが明らかになるなど、宇治警察署内で窃盗11件、業務上横領2件、詐欺を4件、被害総額およそ107万8000円にのぼる犯行を行っていたということです。京都府警察本部の片山勉首席監察官は、「警察官としてあるまじき行為で誠に遺憾。厳正な人事管理と職務倫理教養を一層徹底する」とコメントしています。

日時: 2014年12月18日 18:00

冬の夜 華やかに彩る 北山ウェディングストリートイルミネーション

北山通り沿いの教会などをイルミネーションで照らす「北山ウェディングストリートイルミネーション」が始まり、冬の夜を華やかに彩っています。北山通りのおよそ300mの北山ウェディングストリートでは、8つの施設で10万個のLEDを使ったイルミネーションが行われています。このうち、京都ノーザンチャーチ北山教会では、願いを込めたベルをクリスマスツリーにつるすことができ、24日は、牧師によるクリスマス特別礼拝が行われます。このイルミネーションは、今月25日まで行われます。

日時: 2014年12月18日 18:00

美山で25cm 京都市 -1.7℃ ブルっ! 積雪&今シーズン1の寒さ

京都府には、きのうから強い寒気が流れ込み、各地で積雪を記録しました。また京都市内では最低気温が、氷点下1.7℃と今シーズン一番の冷え込みとなりました。京都市内では深夜から由姫が降り始め、市街地も、うっすらと雪化粧しました。京都地方気象台によりますと、きのうから今朝にかけての雪で南丹市美山では25cm、京丹後市峰山では21cmの積雪を記録しました。この雪の影響で、京都府北部の2つの特別支援学校が休校となったほか、多くの学校や幼稚園などで始業時間を遅らせるなどの影響がでました。また南丹市園部では氷点下3.2℃、京都市内でも氷点下1.7℃を記録し、今シーズン一番の冷え込みとなりました。気象台によりますと寒気のピークはすでに過ぎていますが、夕方ごろまでは雪が降ったり止んだりの状態が続くとしています。一方、京都市北区の鹿苑寺・金閣の屋根も真っ白に雪化粧しました。寒空の下、美しい金閣をカメラにおさめようと午前中から多くの観光客が訪れていました。

日時: 2014年12月18日 18:00

京都市 来年度から 全国初 ソーシャルルビジネス立ち上げ支援

京都市は、全国で初めてソーシャルビジネスの立ち上げ支援に来年度から本格的に取り組むことを、きょう発表しました。門川市長が明らかにしたもので、市は、「ソーシャル・イノベーション・クラスター構想」を策定し、来年度から本格支援に乗り出すということです。若者の就農支援や障害者向けの観光など社会的な課題の解決に取り組むソーシャルビジネスですが、他のベンチャー同様、立ち上げに苦戦するところも多いことから、市では低利の融資制度や活動拠点の家賃優遇などを受けられる認定制度の創設をはじめ、ビジネスマッチングなどを行う支援センターの設置などを進めるとしています。また、きょうが年内最後の定例会見ということで、門川市長は、2014年を表す漢字として「結ぶ」の「結」の字をあげ、祇園祭の後祭り復活やラオスからの小象4頭の寄贈など、いろんなことが実を「結」び、大きく前進して「結」果が出た一年だったと
振り返りました。

日時: 2014年12月18日 18:00

京都発のキリスト教衣装 同大生が制作、京友禅の祭服

京友禅で染められたキリスト教の祭服で使われるストールの制作発表が、京都市上京区の同志社大学で行われました。これは、キリスト教文化と京都の伝統技術をコラボさせ世界に発信しようと、同志社大学が産学共同で行う科目の一つとして行われたもので、京都に本社がある友禅染の老舗「千總」の協力の下、この科目に参加した学生5人が企画・制作したものです。祭服に使うストールは、四季を表していて全部で4種類あり、京友禅の代表的な柄で、祝い事にも使われる「束ね熨斗」がデザイン化されています。春をイメージしたものには、ピンクを主体に日本の桜と、聖母マリアを表すバラや雄蕊の無いユリ、そして、イエス・キリストを意味する魚がデザインされ、キリスト教と日本文化の融合を表現しています。訪れた人たちは、実際に身に纏っては、西洋と和の文化のコラボを感じているようでした。

日時: 2014年12月18日 18:00

大津~京都結ぶ 来春 琵琶湖疎水で「船下り」 試験的に

琵琶湖から京都市内に流れる琵琶湖疎水で、来年の春、運河を活用した船下りが試験的に行われることになりました。きょう開かれた実行委員会の初会合には、京都市と大津市をはじめ、地元の観光業界や鉄道関係者などが集まり、疎水クルーズの実施に向けて議論が交わされました。当時の京都府知事、北垣国道が働きかけ、1890年=明治23年に完成した琵琶湖疎水は、水力発電による電気事業や物流を促す運河事業なども推進し、京都の近代化の礎を築きました。船下りは大津から蹴上に向かう下りの7.8kmのコースで、中間地点の山科を含めた3カ所が船着場の候補地にあげられています。出席した委員からは安全面に加え、コースの半分を占めるトンネルで、乗客を飽きさせない工夫についても意見が出されました。琵琶湖疎水の船下りは、桜の開花シーズンにあわせて、来年3月下旬から4月上旬にかけて試行される予定で、市民と観光客を対象にモニターを募集することにしています。

日時: 2014年12月18日 18:00

病院の待合室で 高齢者への防火指導

高齢者などが多く訪れる病院の待合室できょう、消防署員らが火の取り扱いなど、防火対策の指導を行いました。これは、京都市消防局が市内全域で繰り広げている年末防火指導の一環で行われたものです。京都市南区の京都九条病院では、南消防署の署員3人が訪れ、待合室で受診待ちをしている人にティッシュやチラシを配りながら、防火指導を行いました。市消防局では、高齢者の住宅などを、年に一度戸別訪問し、防火指導を行っていますが、不在の場合が多くあり、南消防署ではことしから高齢者が多く訪れる病院の待合室で防火指導を行っています。南区内では火災件数がきのうまでで25件と去年の同じ時に比べ5件増えているということで、暖房器具の取り扱いなどに充分、注意するよう呼びかけを強化しています。署員は、「暖房器具をつけたまま寝ないように」や「もし火事が起きたらすぐに逃げてください」などと一人一人に声をかけながら防火対策を呼び掛けていました。

日時: 2014年12月18日 12:00

つきまといなどの被害が発生 芸舞妓さんの防犯教室

夜間のひとり歩きの機会が多い芸舞妓さんを対象にした防犯教室がきょう、京都市東山区の祇園甲部歌舞練場で行われました。これは祇園甲部の芸舞妓さんを痴漢などの被害から守ろうと、歌舞会の依頼で東山警察署がはじめて開いたものです。教室では、警察の教官2人から髪の毛や着物を掴まれたり、後ろから抱きつかれた場合などに身を守るための対処法を学んだあと、それぞれが代わる代わる実践し、その効果を試していました。組合によりますと、これまで舞妓さんに対するストーカー行為や中国人観光客に取り囲まれて写真を強要され、逃げようとしたところ着物の袖を破られるなどの被害が実際に起きているということで、防犯ブザーの携帯や、花街への防犯用ベルの設置といった対策をとっているということです。参加した舞妓さんらは、あでやかな着物姿で真剣に取り組み、防犯意識を高めていました。

日時: 2014年12月17日 18:00