HOME » ニュース

ニュース NEWS

舞鶴で今年初の真夏日

京都府内では、ことし初めて真夏日が観測されました。きょうは気温がぐんぐん上がり、京都府舞鶴市では午後2時過ぎ、30.2℃を記録し、ことし初めての真夏日、7月下旬並みの暑さになりました。舞鶴で4月に真夏日が観測されるのは2012年以来3年ぶりです。京都市内でも最高気温が28.8℃と6月下旬並みでした。京都地方気象台によりますと、高気圧に覆われ、強い日差しとあたたかな空気のため、平年に比べ非常に高い気温となったということで、熱中症に注意を呼び掛けています。

日時: 2015年4月27日 18:00

世界遺産 清水寺でも油か

全国各地の寺や神社で油のような液体がまかれる被害が相次いでいる事件で、京都市東山区の世界遺産・清水寺でも油のような染みが見つかったことが分かりました。警察によりますと、きょう午前11時すぎ、国宝の本堂の入り口とさい銭箱付近の床、それに重要文化財の仁王門の合わせて3カ所に油のようなものがまかれた跡があるのを巡回中の寺の職員らが発見し、通報しました。警察は文化財保護法違反の疑いで調べています。

日時: 2015年4月27日 18:00

端午の節句前に子どもたちへプレゼント

来月5日の端午の節句を前に、子どもたちへ一足早いプレゼントがありました。京都市北区の児童発達支援センターひばり学園に現れたのは、京都タワーのマスコットキャラクター・たわわちゃん。来月5日の端午の節句を前に、子どもたちに兜や色とりどりの鯉のイラストが描かれたケーキをプレゼントしました。子どもたちは、たわわちゃんと一緒に踊ったり触れ合ったりしながら一足早い子どもの日を楽しみました。

日時: 2015年4月27日 18:00

府内初 "相談してねっと"開設

京都府はきょう、青少年のネット利用に関する相談窓口を府内で初めて開設しました。青少年のネットトラブル専用の相談窓口「相談してねっと」は、スマートフォンの普及などで中高生を中心に出会い系サイトや架空請求などの被害が急増していることを受け、京都府が初めて設置したものです。小学生から大学生までの青少年はもちろん、その保護者や教員なども対象で、ネットや子どものトラブルを担当する専門スタッフが電話とメールで相談を受け付けています。警察庁によりますと、去年1年間の出会い系サイトやコミュニティーサイトを巡る被害は全国で1,573件にのぼり、前の年と比べておよそ120件増えているということです。この相談窓口は毎週月曜日から金曜日まで、午前11時から午後7時まで開かれています。

日時: 2015年4月27日 18:00

中学生水難事故で緊急校長会義

今月24日、京都府福知山市で中学生が川で溺れ死亡した事故を受けて、福知山市教育委員会はきょう、緊急の校園長会議を開きました。この事故は今月24日午後4時半ごろ、福知山市戸田の由良川で同級生たちと川を渡ろうとしていた日新中学校2年の塩見康平さん(13歳)が溺れ、翌日、死亡したものです。きょう午前9時半からの臨時会議には市内34の幼稚園、小・中学校の校長らが出席し、はじめに黙とうがささげられました。つづいて、福知山市教育委員会の荒木德尚教育長が「事故を繰り返さないように、学校で子どもたちの命を守る取り組みを考えてほしい」と訓示しました。出席者らは、水難事故の増えるシーズンを前に改めて安全指導の徹底を確認しました。また、日新中学校では生徒の死亡を受け、学校カウンセラーを1人増員し、心のケアに努めるということです。

日時: 2015年4月27日 18:00

統一地方選後半戦 向日、京田辺、木津川 3市長決まる

統一地方選の後半戦は、きのう投開票が行なわれ、京都府内では向日、京田辺、木津川の3つの新たな市長が決まりました。現職の引退で新人同士による共産対非共産の二極対決となった向日市長選挙は元京都府議の安田守さん(50)歳が自民、民主、公明、社民の幅広い政党から支援を受け、共産推薦の桜田忠衛さんに大勝し、初当選しました。かわって京田辺市長選挙は市政の継続か転換かを争点に三つ巴の戦いでしたが、現職の石井明三さん(67)歳が自民、公明や連合京都からの推薦を受け、組織戦を展開し新人の元府議、上村崇さんと元中学校教諭の大植登さんに競り勝ち、3選を決めました。142票の僅差でした。一方、女性同士の一騎打ちとなった木津川市長選挙は合併後の2期8年の河井市政への評価が争点でしたが、現職の河井規子さん(59)歳が新人の呉羽真弓さんを制し、3選を果たしました。

日時: 2015年4月27日 12:00

連合京都 メーデー集会に1万5000人

来月1日のメーデーを前にきょう、京都市下京区の梅小路公園で連合京都の「京都中央メーデー」が行われました。連合京都では、メーデーを参加しやすい日曜日や祝日に前倒していて、きょうの集会には、府内のおよそ40団体の会員や家族およそ1万5000人が集まりました。冒頭で、連合京都の橋元信一実行委員長が、「ことしの春闘は、自動車や電機メーカーなど大手企業で去年を上回る賃上げの動きが見られたものの、京都の中小企業には及んでいない」として、「原材料の高騰や消費増税で生活の明るさが見えてこない。働くことを軸とした明るい社会をつくろう」とあいさつしました。大会では、格差社会の是正や労働者保護ルールの改悪をストップさせるなどというメーデー宣言が採択され、全員で「ガンバロー」の掛け声で締めくくりました。京都総評などによる全京都統一メーデーは5月1日、中京区の二条城前広場で開かれます。

日時: 2015年4月26日 18:00

琳派テーマに 現代作家200人が美の競演

「琳派」をテーマに制作した日本画や工芸作品を一堂に集めた展覧会が、京都市中京区の京都文化博物館で行われています。これはことしの琳派400年記念イベントの一環として企画されたもので、京都日本画家協会と京都工芸美術作家協会による初めての合同展覧会になります。会場には京都を拠点に活動する日本画家や工芸家たち207人が、「琳派」をテーマに制作した新作が展示されています。展覧会では日本画と工芸作品が一堂に並べられていて、琳派の創始者、本阿弥光悦らの日本の美意識を脈々と受け継いだ現代作家たちが表現するそれぞれの「琳派の世界感」を楽しむことができます。橋田純さんの作品は雨の日、地面に散った紅葉を描いたもので、余白を意識しながら、琳派のおおらかな要素を取り入れて表現したということです。琳派の美を感じる展覧会は、来月17日まで京都文化博物館で行われています。

日時: 2015年4月26日 18:00