HOME » ニュース

ニュース NEWS

京都府出生率4年連続ワースト2

厚生労働省が発表した女性が生涯に産む子供の人数を推定した2015年の合計特殊出生率で、京都府は、4年連続で全国ワースト2位でした。厚生労働省が発表した去年=2015年の人口動態統計によりますと、女性が生涯に産む子供の推定人数を示す京都府の合計特殊出生率は、全国の1.46を下回る1.26でした。前の年と比べて0.02ポイント上昇したものの東京都に次いで、4年連続で全国ワースト2位となりました。また府内で生まれた赤ちゃんの数は、過去2番目に少ない1万9644人でした。京都府によりますと、女性の未婚・晩婚化が進むなか、去年10月には京都市中京区に「きょうと婚活応援センター」を開設したり全国初となる少子化対策に特化した条例を先月から施行するなど積極的な取り組みを進めていますが、京都府では今後、更なる取り組みを模索していきたいとしています。

日時: 2016年5月29日 18:00

地下鉄の日 記念イベント

京都市営地下鉄の開業日5月29日を記念したパフォーマンス・イベントがきょう地下鉄京都駅で開かれました。京都市営地下鉄では6年前から地下鉄の賑わいを目指して地下鉄の駅で音楽やダンス、大道芸を披露するパフォーマーを募集しています。きょうは8組のパフォーマーが集まり、去年1年間で最も活躍した「キング・オブ・パフォーマー」を決める決勝戦が行われました。京都市によりますと現在、78組のパフォーマーが京都市役所前駅や烏丸御池駅で活動しているということです。制限時間は1組10分で、パフォーマーたちがオリジナル曲やカバー曲を披露すると会場からはあたたかい拍手が送られました。ことしは2年前から地下鉄でパフォーマーとして活動している「ちきんびいるブルースバンド」が優勝しました。

日時: 2016年5月29日 18:00

大分中津などからあげフェス

全国の鶏のから揚げ専門店が一堂に集まって販売する「からあげフェスティバル」がきょう京都市内で開かれ、大勢の客でにぎわいました。この催しは、からあげの聖地と言われている大分県中津市で毎年行われているもので、B級グルメとして人気を集めている鶏のから揚げを広くPRしようと京都で初めて開かれました。京都市右京区の大型商業施設に設けられた会場には、中津市のから揚げ専門店を中心に京都や北海道など日本各地から24の店が軒を並べ、人気のお店の前には、長い行列が出来ました。中津のから揚げは、しょうゆ味や塩味だけでなく、ニンニクやショウガの香りを利かせたものなど、さまざまな味が楽しめるのが特徴ということで、会場には、家族連れなど大勢の人で賑わい、味の違いを楽しんでいました。

日時: 2016年5月29日 18:00

二条城の未来創造 有識者会議

世界遺産・二条城の活用について話し合う会議がきょう京都市中京区の二条城で開かれました。400年前に徳川家康が造営した二条城は、敷地すべてが史跡に指定されていて、1994年には世界遺産に登録されました。この二条城を活用して新たな観光振興を図ろうときょう、商工会やマスコミなど有識者を集めた初めての会議が開かれました。はじめに観光政策への積極的な提言で知られるデービッド・アトキンソンさんが二条城特別顧問に選ばれ、「二条城は日本一の観光資源。手本となる活用をしていきたい」とあいさつしました。会議では、観光客だけではなく市民に価値を再認識してもらう必要性や二条城を核とした周辺地域の活性化を進めるべきなどといった意見が出されました。会では今後、活用策を盛り込んだ提言をとりまとめ市に示したいとしています。

日時: 2016年5月29日 12:00

市民らが「民事調停」を模擬体験

裁判を起こす前に話し合いでもめ事を解決する「民事調停」について知ってもらおうと、きょう京都地方裁判所で催しが行われました。これは裁判や裁判所への理解を深めてもらおうと開かれたもので、事前に申し込んだ16人が参加し、裁判を起こす前に話し合いでもめ事を解決する「民事調停」の司法制度を体験しました。体験では、職員により交通事故で損害賠償を求める民事調停の様子を再現した寸劇が披露され、参加者らが加わって模擬調停が行われました。模擬調停では、提示された調停調書は判決と同じ効果があることや、裁判官などから、調停は裁判よりも費用を低く抑えることができることなどが説明されると、参加者らは当事者の立ち場に立って制度の奥深さを感じていました。また、京都地裁で一番大きい法廷を見学し、裁判官の法服を着るなど普段入ることのできない法廷内で裁判への理解を深めていました。

日時: 2016年5月28日 18:00

京都地裁所長に石井氏就任

京都地方裁判所長に石井寛明さんが今月10日就任し、「国民に開かれた裁判所にしていきたい」と抱負を述べました。石井寛明所長(60歳)は京都府宮津市出身で1982年に大阪地裁へ勤務したあと、東京地裁の判事や大阪法務局長などを経て、大阪高裁の判事を務めました。京都地裁の所長就任は今月10日付けで石井所長は、記者会見で抱負を語りました。また石井所長は「裁判所は、職員が誠実に仕事をする場だと国民に見ていただくことが重要」と話し「市民には法廷傍聴に足を運んでほしい」と開かれた裁判所を強調しました。

日時: 2016年5月28日 18:00

吉田山に市民が集い 大茶会

国内のお茶の名産地をはじめ世界各国のお茶を楽しめるイベントがきょうから京都市内ではじまりました。この「京都吉田山大茶会」は、豊臣秀吉が北野天満宮で開いた茶会にちなみ、京都から茶の心を広めようと2010年から毎年開かれています。京都市左京区の吉田神社境内には、お茶の生産者や販売業者など38団体のブースが並びました。会場には、京都の宇治茶をはじめ中国のウーロン茶など世界各国およそ300種類のお茶が味わえるとあって、朝から多くの人が訪れ試飲を繰り返しながらふくよかな香りのお茶を堪能していました。また韓国式の抹茶のお手前も披露され、参加者らは世界の茶文化への理解も深めていました。このイベントはあすも開かれます。

日時: 2016年5月28日 18:00