HOME » ニュース

ニュース NEWS

平成女鉾 結成20周年鉾建立

きょう、京都市左京区のロームシアター京都の中庭に巨大な鉾が姿を現しました。これは、祇園祭に魅せられた女性たちが運営する「平成女鉾」がことし結成20周年を迎えたことを記念し、きょう10年ぶりに鉾を建てたものです。鉾の高さは20m、重さおよそ10tで、前祭巡行に参加する函谷鉾とほぼ同じサイズです。平成女鉾は、女性の祇園祭への参加を目的に1996年に結成、2002年からは囃子方中心の「平成女鉾清音会」として祇園囃子の練習を続けています。会場ではあさってまで、祇園囃子の披露などが行われます。

日時: 2016年9月30日 18:00

あすから「黄金のファラオと大ピラミッド展」

古代エジプト王=ファラオと巨大ピラミッドの秘密に迫る展覧会が、あすから京都市中京区の京都文化博物館で始まります。この展覧会は、古代エジプトの古王国時代を中心にピラミッドを建設したファラオやその時代の人たちを紹介するもので会場には、エジプトの国立カイロ博物館の貴重な所蔵品100点あまりが展示されています。特に、「アメンエムオぺト王の黄金のマスク」は、ツタンカーメン王の黄金のマスクと並び、エジプト3大黄金マスクのひとつとされるもので、金の板を打ち出し、眉や目、アイラインはガラスの象嵌で作られています。また、「アメンエムペルムウトの彩色木棺」は棺に鮮やかな装飾が施されています。このほか、パンやビールづくりなど当時の暮らしぶりがうかがえる模型や像、王女の襟飾りなどの装飾品も展示されています。この「黄金のファラオと大ピラミッド展」は、あすから12月25日まで京都文化博物館で開かれます。

日時: 2016年9月30日 18:00

大麻使用で3人懲戒免職 海自舞鶴基地

京都府にある海上自衛隊舞鶴基地の男性隊員3人が大麻を使用したとして、きょう、懲戒免職になりました。懲戒免職になったのは、海上自衛隊舞鶴基地業務隊の25歳から27歳の男性3等海曹3人で、舞鶴地方警務隊は大麻取締法違反の疑いで3人を書類送検しました。海上自衛隊舞鶴地方総監部によりますと、3人はことし7月、大麻を持って車で福井県に出かけ、車内で大麻を使用しました。舞鶴地方総監部が7月に実施した抜き打ちの薬物検査で25歳の隊員に大麻の陽性反応が出たため、追加的に検査を実施したところ、残りの2人にも陽性反応が出たということです。大麻は27歳の隊員がことし5月に大阪市内の路上で外国人から無償で手に入れたということで、3人は「少ない量だから大丈夫だろうと思った」などと話しているということです。

日時: 2016年9月30日 18:00

京都市「レジエント・シティー」で新ポスト設置

京都市はことし5月、アメリカのロックフェラー財団の「レジリエント・シティー」に選ばれたことを受け、来年4月、局長級の新たなポストを設置することになりました。これは、きょう開かれた9月市会代表質問のなかで明らかになったものです。京都市は、世界最大規模の慈善団体ロックフェラー財団が災害から早期復旧を目指す都市を支援する「レジリエント・シティー」に公募し、ことし5月国内では富山市に次いで選ばれました。選ばれた世界100都市は、財団から、総額1億ドル=日本円で109億円の財政支援を受けますが、京都市は、来年最初の取り組みとして、市民や大学、経済界などとワークショップを開き、自然災害や人口減少、またサイバー攻撃などの課題解決に向けた優先順位を協議するということです。きょう答弁した門川市長によりますと、「来年4月には新たに局長級のレジリエント統括監を設置し、危機管理を向上させる体制を構築するとともに指針となる『京都市版レジリエンス戦略』を策定する」としています。

日時: 2016年9月30日 18:00

今月12日の死亡事故うけ大型クレーン車の検問

京都府長岡京市で今月12日に起きた大型クレーン車の交通事故を受けて、京都府警などはきょう、大山崎町で大型車両の検問を行いました。検問は午前7時半から大山崎町にある国道171号線沿いの車両計量所で行われました。検問では上空から府警のヘリコプターが車両を見つけ、地上の白バイが検問場所まで誘導したあと、国交省の職員が運転手に対して通行許可証などを確認しました。大型クレーン車など特殊車両は道路法の車両制限令に基づいて、通行には経路や日時、それに、誘導車両の有無など道路管理者の許可が必要です。警察によりますと、長岡京市の府道で今月12日に起きた事故では大型クレーン車が許可を得ていない経路を走り、車両の前後に誘導車両を置かなかったということで、前を走っていたミニバイクに気づかず衝突し、運転手の女性が死亡しました。きょうの検問では、運転手に、適正な運行を呼びかけていました。

日時: 2016年9月30日 18:00

西本願寺 初の夜間ライトアップ あすから

あすからの夜間特別公開を前に京都市下京区にある西本願寺で、きのう国宝の御影堂や飛雲閣などをライトアップする試験点灯が行なわれました。夜間のライトアップ「花灯明」は、西本願寺およそ400年の歴史で初めて行われるもので、昨夜の試験点灯では、国宝の飛雲閣など境内のお堂が闇夜に浮かびあがりました。このうち、国宝の御影堂や阿弥陀堂では、極楽浄土の世界を表す青、黄、赤、白の4色のライトで彩られ、音楽とともに、屋根に蓮の花などをイメージした映像が映し出されました。このライトアップは、大谷光淳門主が、おととし6月に就任したことを内外に披露する「伝灯奉告法要」を記念して行われるものです。「花灯明」ライトアップは、あすから来月10日までの午後6時半から行われ、見学は有料ですが、全額、熊本地震の義援金にあてられます。

日時: 2016年9月30日 13:00

全国学力テスト 京都は平均上回る

ことし4月に行われた全国学力テストで京都府の小学校と中学校は初めてすべての教科で全国平均を上回ったことがわかりました。全国学力テストは、小学6年生と中学3年生を対象に、ことし4月に全国で実施されたもので、今回、府内にある公立の小学校と中学校、合わせて546校、およそ4,000人がテストを受けました。京都府教育委員会によりますと、小学校の国語と算数、それに中学校の国語と数学のいずれも、初めて、全国平均を上回ったということです。一方、テストと合わせて実施されるアンケートでは、学校の授業以外の時間に勉強している生徒は、3時間以上している生徒と30分以下でまったくやっていないと答えた生徒がどちらも全国平均を上回り、両極端な結果となりました。府教委では「学習内容の定着には授業以外で振り返りながら勉強することが大切。宿題を計画的に出すなど勉強する環境を整えたい」としています。

日時: 2016年9月29日 18:00

京都企業は景気先行き不安かかえる

京都企業へのアンケートによりますと、国内景気は引き続き足踏み状態が続き、先行きへの不安感が広がっていることが、京都商工会議所の調査でわかりました。これは、京都商工会議所の立石義雄会頭が、きょう午後の定例記者会見で明らかにしたものです。京都商工会議所が府内の581社を対象に行ったことし7月から9月期の経済動向調査によりますと、業況は建設業を除くほとんどの業種で下降を示す企業の割合が多い結果となりました。10月から12月にかけては年末の需要期を迎え、景気、業況ともに改善する見通しと予測するも、来年1月から3月にかけては再び下降へ推移すると予想しています。また、立石会頭は北陸新幹線敦賀以西ルートの選定に関して、滋賀県が独自の試算結果を基に「米原ルート」の優位性を強調したことを受け、府商工会議所連合会会長の立場として舞鶴市を経由してJR京都駅に接続する「舞鶴ルート」を支持する考えを改めて示し、「関西全体発展のために、早期に最も好ましいルートが決定されることを期待したい」と述べました。

日時: 2016年9月29日 18:00