HOME » ニュース

ニュース NEWS

違約金交渉で弁護士法違反

弁護士資格がないのにコインパーキングの違約金交渉など法律事務を行ったとして、京都市上京区の駐車場管理会社の社長ら4人が警察に逮捕されました。弁護士法違反で逮捕されたのは、京都市上京区の駐車場管理会社「パーサー」の社長、中澤博之容疑者(46歳)と従業員らです。警察によりますと、4人は弁護士資格がないのに駐車場の運営会社の代理で去年2月と3月、駐車場を不正に利用した男性ふたりから違約金を回収し、報酬を得た疑いがもたれています。

日時: 2017年1月17日 18:00

京都市が初の取組み オープンスペースの調整を訓練

京都市でも大規模地震を想定した災害対策本部の運用訓練が行われました。京都市消防局などで行われた訓練は花折断層を震源とするマグニチュード7.5の地震が発生したことを想定し、職員およそ260人が参加しました。阪神大震災を教訓に毎年、この日に行っていますが、今回は、去年4月の熊本地震で課題となった支援物資の調達や配給などを初めてテーマにしたということです。参加した職員は市内におよそ610カ所ある公園や空き地などを緊急の救護所やヘリの発着場、それに復興に向けた仮設住宅建設など多目的に使う「オープンスペース」としてどのように調整するか初めての図上訓練に取り組んでいました。

日時: 2017年1月17日 18:00

阪神大震災から22年

6,434人が亡くなった阪神淡路大震災からきょうで丸22年を迎えました。兵庫県の各地では地震発生時刻に合わせ、追悼行事が営まれ、このうち、神戸市中央区の東遊園地では、竹灯籠の明かりでつくった「1995光1・17」の文字を囲みました。また神戸市中央区の諏訪山公園にあるビーナスブリッジではトランペットの音色とともに震災犠牲者を追悼する鐘の音が響き渡りました。一方、震源となった野島断層を保存する淡路市の北淡震災記念公園では、震災で亡くなった淡路島の住民63人と同じ数のろうそくを竹筒に入れ池に浮かべ、遺族らが黙とうを捧げました。

日時: 2017年1月17日 18:00

雪の影響続く 停電や列車運休

雪の影響は、けさも続き、京都府内では停電や列車の運休などがありました。関西電力によりますと、午前5時現在、府内では京都市、福知山市、南丹市、それに京丹波町のあわせておよそ660世帯が停電しています。けさ5時過ぎ、停電が発生した京都市左京区鞍馬では、午後になっても関西電力の職員らが復旧作業を続ける姿が見られました。一方、京都市内を走る叡山電鉄鞍馬線は市原―鞍馬駅間で雪による倒木で断線し信号トラブルが起きたため、始発から運転を見合わせ、現在も復旧のめどが立っていません。天狗を管理する叡山電鉄によりますと、10年以上前にも雪で鼻が折れてしまったことがあり、その後はロープなどで支えていたということです。また、JR山陰線も京丹波町の立木駅で雪が詰まって信号が切り替わらず、上下あわせて9本が運休しました。

日時: 2017年1月17日 18:00

ポケモンGO死亡事故 猶予付き判決

大型クレーン車を運転中にスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」をし、ミニバイクの女性をはねて死なさせた罪に問われた男に、京都地裁はきょう、執行猶予の付いた有罪判決を言い渡しました。判決を受けたのは、契約社員の根上弘樹被告(48歳)です。判決によりますと、根上被告は去年9月、京都府長岡京市でクレーン車を運転中に信号待ちでポケモンGOを操作し、安全確認を十分しないまま発進して前に止まっていたミニバイクにぶつかり当時39歳の女性を死亡させました。裁判で弁護側は、ポケモンGOをしたのは停車中だけだと執行猶予を求めていました。きょうの判決で京都地裁は、「過失は重大で危険性は高い。」と指摘、一方で、根上被告が反省しているとして禁錮1年6カ月、執行猶予5年を言い渡しました。

日時: 2017年1月17日 15:30

がん治療薬オプジーボ効果増強

がんの特効薬として注目を集める治療薬オプジーボの効果を大幅に増強する薬剤を京都大学の研究グループが発見しました。これは、京都大学大学院医学研究科の本庶佑客員教授と茶本健司講師の研究グループが発表したものです。がん治療薬オプジーボは免疫細胞のブレーキ役となるタンパク質PD-1をブロックし、末期がんの患者の完治などが報告される一方で、薬が効かない人もいます。研究グループは、大腸がんを発症させたマウスにオプジーボと同種の薬剤を服用させ実験を行ったところがんの近くのリンパ節を切除すると効果が大幅に減少することがわかりました。また、高脂血症薬のベザフィブラートを併用するとオプジーボと同種の薬剤の治療効果が大幅に高まったということです。オプジーボは非常に高額な薬剤で効果のある患者がおよそ3割というのが現状の課題であるため、研究グループでは、今回の研究から安価なベザフィブラートとの併用でがん治療の効果が上がる可能性があると期待しています。

日時: 2017年1月17日 12:00

京都サンガ 今シーズン始動

サッカーJ2の京都サンガF.C.はきょう、京都府城陽市のグラウンドで今年初の全体練習を行い、今シーズンのJ1昇格に向けて、決意を新たにしました。午前10時すぎ、ミーティングを終えた監督や選手たちがグラウンドに姿をあらわすと、駆けつけたサポーターから応援コールが響きわたりました。サンガは昨シーズン、リーグ5位でJ1昇格プレーオフに進出しましたが、準決勝でセレッソ大阪と引き分け、2010年以来のJ1復帰を逃しました。今季はJ1柏でヘッドコーチを務めた布部陽功監督が指揮を執り、チームにはJ1名古屋を退団した元日本代表DFの田中マルクス闘莉王選手や京都橘高校の出身選手4人ら14人が新たに加入しました。きょうはパス回しなどコミュニケーションをはかる練習メニューで、選手たちからは明るい声と笑顔があふれていました。サンガは今月29日から鹿児島でキャンプを行い、来月26日のシーズン開幕戦に備えます。

日時: 2017年1月16日 18:00

京都府内大雪の影響つづく

おとといから続いている強い冬型の気圧配置の影響で、京都府内では、けさにかけて雪が降り続き交通機関などに影響が出ました。京都地方気象台によりますと、近畿地方は強い冬型の気圧配置の影響で、おとといからきょうにかけて北部を中心に大雪となりました。この雪の影響で、福知山市では、きのう、88歳の男性が倒壊したビニールハウスの下敷きになり死亡しました。雪のピークは過ぎましたがきょうの積雪は最も多い時で南丹市美山町で49cm、舞鶴市で33cm、京都市で11cmなどとなりました。交通機関にも雪の影響が出ています。JR各社によりますと、東海道新幹線で最大42分の遅れが出たほか、山陰線など在来線の一部区間では、倒木などのため始発から運転を見合わせました。また日本道路交通情報センターによりますと、京都縦貫自動車道は丹波ICから宮津天橋立間が雪の影響で通行止めとなっているほか、一般道でも国道9号の一部区間など通行止めが相次ぎました。府内では停電も続いていて、関西電力によりますと、午後5時現在、京都市、福知山市、南丹市の合わせておよそ2,600軒が停電しています。府内の公立の小中学校や高校それに幼稚園などでは、28校が休業し、25校で始業時間を遅らせたり、下校を早めました。気象台では、今後も冬型の気圧配置が続くため積雪や路面の凍結による交通への影響などに注意するよう呼びかけています。

日時: 2017年1月16日 18:00