HOME » イベント・インフォメーション » 11/11 天台聲明の夕べ

イベント・インフォメーション

11/11 天台聲明の夕べ

※このイベントは終了しました。

声明とは法要儀式に際し、経文や真言に旋律抑揚を付けて唱える仏教声楽曲です。伝教大師最澄が中国(唐)に渡り天台の教えを伝えたおりに、声明も伝えられました。これを、体系的に伝えたのは慈覚大師円仁(えんにん 794~864)です。

本公演は、大原 魚山塾(日本の聲明の発祥の地「魚山」)の多紀頴忍住職のもと天台聲明などの研鑽を積む僧侶たちと、現代音楽や伝統楽器の演奏者がコラボレーションする画期的な公演です。

過去の公演ではパーカッション、三味線、ジャズピアノとコラボレーションし、好評を博しています。

奏者
聲明:大原魚山塾 / 導師:多紀頴忍
奏者
尺八奏者:ジョン・海山・ネプチューン / 音楽家:Aki-Ra Sunrise

実施要項

イベント名
天台聲明の夕べ
日時
2016年11月11日(金) 開場 18:00 / 開演 18:30
会場
京都府立府民ホールALTI
(京都市上京区烏丸通一条下る)
料金
前売り 5,000円(全席指定) / 当日 5,500円
出演
聲明:大原魚山塾、 尺八奏者:ジョン・海山・ネプチューン、音楽家:Aki-Ra Sunrise (アキ―ラ サンライズ)
主催
KBS京都
後援
京都府、京都市、京都市教育委員会、京都商工会議所、京都新聞

チケット販売

チケット販売は終了しました。

出演者プロフィール

多紀頴忍【導師】
開祖慈覚大師円仁の後を受け、今日の天台聲明の祖といわれる聖応大師良仁が住んで以来、一老職(最長老)が住む魚山聲明の根本道場として建立された浄蓮華院住職。大原三千院の御懴法講には昭和53年の復活時から出仕しており、国立劇場、京都南座など数多くの場で天台聲明の紹介を行い、現在も魚山聲明の継承者の育成・指導にあたっている。平成22年度京都市芸術功労賞受賞。

大原 魚山塾【聲明】
日本の聲明の発祥の地「魚山」(京都大原)で多紀頴忍住職のもと天台聲明などの研鑽を積む天台宗・浄土真宗・浄土宗各派の僧侶からなる実践・研究会。過去の公演では尺八、三味線、ジャズピアノとコラボレーションし、好評を博している。

ジョン・海山・ネプチューン【尺八奏者】
カリフォルニア生まれの米国人。1977年、都山流尺八の師範免状を取得、「海山」の号を受ける。また、英文の尺八教則本「尺八 SHAKUHACHI」を著わす。彼の2作目のレコードアルバム「BAMBOO」(東芝EMI)は、文化庁の芸術祭優秀賞を受賞した。その後も、オリジナル曲のアルバムを相次いで制作(現在、24枚)。また世界各国での演奏活動を精力的に続けている。伝統的サウンドからコンテンポラリージャズにわたる独自の音楽は、広く世界中に知られ、あらゆる年齢層の人々に愛されている。

Aki-Ra Sunrise(アキ―ラ サンライズ)【音楽家】
京都出身。京都在住。国内外さまざまな場所で大活躍する音楽家。Aki-Ra Sunriseの奏でるサウンドは楽器をチューニングするのと同じように聴く人をチューニングし、その人らしさを引き出すエネルギ−がある。音の波動によって人体や空間を調整するLIVE,ワークショップを開催。日本でもなかなか聴くことの出来ない楽器を演奏する。

お問い合わせ

KBS京都事業部 電話:075-431-8300(平日 10:00-17:00)