HOME » イベント・インフォメーション » 民放ラジオ統一キャンペーン"ラジオがやってくる!"訪問先学校募集中

イベント・インフォメーション

民放ラジオ統一キャンペーン"ラジオがやってくる!"訪問先学校募集中

※本キャンペーンの案内は終了しました。

 (社)日本民間放送連盟 ラジオ委員会は、12月1日から来年の3月3日の「民放ラジオの日」まで、民放ラジオ統一キャンペーン"ラジオがやってくる!"を実施します。同キャンペーンの展開に向けてKBS京都放送では、小・中学校、高校を訪問する番組パーソナリティを作家のいしいしんじさんに決定いたしました。

 各ラジオ局では今後、(1)放送と専用ホームページでパーソナリティが訪問する学校を公募し、(2)実際にパーソナリティが学校に出向いて「出前授業」などを実施し、(3)その模様を「民放ラジオの日」を中心に番組でオンエアします。

 「言葉だけで、情報や、その時々の気持ちをツーウェイで共有する」というラジオが持つ表現力(=コミュニケーションの力)を子どもたちに身に付けてもらう機会とするとともに、ラジオの魅力や役割を知り、ラジオに親しみを感じてもらうことが目的です。

 訪問先の学校は小・中学校、高校が対象で、2011年12月1日(水)から12月31日(金)までの間、放送を通じて公募。キャンペーン専用サイトで受け付けます。学校訪問の様子は、「民放ラジオの日」の2012年3月3日(木)を中心に各局の番組で放送します。

いしいしんじ
訪問パーソナリティ いしいしんじ
民放ラジオ 統一キャンペーン「ラジオがやってくる!」
民放ラジオ 統一キャンペーン「ラジオがやってくる!」

実施要項

訪問パーソナリティ
いしいしんじ[作家]
担当番組
『いしいしんじのころがるいしのおと』 毎週月曜日 20:00~20:30
授業内容
音楽の授業にいしいしんじさんが蓄音機を持参しSP盤を聴いてもらう出前授業を実施。SP盤・レコード盤というメディアを知らない世代に、蓄音機の面白さや音楽の楽しさ、SP盤って何だろう?などを講義。子供たちに蓄音機を回したり、触れたり、囲んだりしてもらい、音楽をみんなで聴く体験をしてもらう。蓄音機を通じていしいさんが子供たちに伝えたいことは?