HOME » イベント・インフォメーション » 5/20開催 「ラジオで、つなぐ。チャリティイベント~京都からの発信~」

イベント・インフォメーション

5/20開催 「ラジオで、つなぐ。チャリティイベント~京都からの発信~」

※本イベントは終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

被災地から離れていても、できる支援がきっとある。そんな思いから、KBS京都ラジオは「ラジオで、つなぐ。」をキーワードに、東日本大震災を地域と一緒に考え、支援につなげていくさまざまな活動に取り組んでいます。

その一環として、5月20日(金)にKBSホールで、「ラジオで、つなぐ。チャリティイベント~京都からの発信~」を開催します。人気番組の公開生放送のほか、各分野の専門家を迎えて震災を考える「震災フォーラム」を実施。チャリティライブも行います。

また、KBS京都ラジオで展開してきた「ラジオを贈ろうキャンペーン」がひとつの区切りを迎えます。このキャンペーンは、KBS京都ラジオの呼びかけで、各家庭に眠っているラジオを収集。被災地から京都へ避難されている方々に届けようという活動です。5月10日現在約250台が集まり、これを避難されている方へ届けるため、京都市へと託す式典もイベント会場で行います。

さらに、毎月第3金曜日にKBSホール前で開催している「ほっかほか朝市」も、当日は時間を延長して開催。会場では東日本大震災のチャリティも募ります。


ラジオで、つなぐ
KBS京都「ラジオで、つなぐ」ロゴ

実施概要

タイトル
「ラジオで、つなぐ。チャリティイベント~京都からの発信~」
日 時
2011年5月20日(金) 8:30~14:00
場 所
KBSホール
京都市上京区烏丸通り一条下ル龍前町600番地の1
» KBSホールへのアクセスはこちら

スケジュール

8:00
KBSホール前で「ほっかほか朝市」開始
8:30~
「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」公開生放送
人気朝ワイド番組を、8:30より公開生放送でお届けします。
出演/笑福亭晃瓶・中村薫 ほか
10:10~
「震災フォーラム いま私たちにできること」
京都に住む私たちが震災復興に向けて何ができるのかを討論形式で考えていく。
司会/笑福亭晃瓶・中村薫
パネラー/宇根崎博信(京都大学原子炉実験所教授)・中川泰宏(JA京都中央会会長)・木村好美(京都市保健福祉局保健衛生推進室担当部長)・高石ともや(ミュージシャン) ほか
11:15~
「ラジオで、つなぐ。ラジオ贈呈式」
司会/やのぱん・祝迫くみ子
出演/門川大作(京都市長)
11:50~
「震災チャリティライブ」
ライブ出演/永富研二 Takeout Brothers(カントリーミュージシャン、KBS京都ラジオ「NASHVILLE HOT-LINE」パーソナリティ)
12:30~
「妹尾和夫のパラダイスkyoto」公開生放送
金曜の人気バラエティを12:30から公開生放送いたします。
出演/妹尾和夫・遠藤奈美 ほか
ライブ出演/奥華子(シンガーソングライター)
14:00
終了