HOME » テレビ放送番組の編集に関する基本計画

テレビ放送番組の編集に関する基本計画

テレビ放送番組の編集に関する基本計画

株式会社京都放送は「放送法第四条、第五条」の規定により定めた当社の放送基準に基づいて、テレビ放送の番組を制作・編集する。

1.テレビ放送番組編集の基本方針

  • 京都放送は電波を国民から負託されているという公共的使命を認識し、民主主義に基づく言論、表現の自由を守るとともに、公共の福祉と国民文化の向上を図ること、あわせて地域の産業経済の発展に貢献することを放送の目的とする。
  • 放送の種類は、報道番組、教育番組、教養番組、娯楽番組、その他番組(通信販売番組・その他番組)とする。

2.放送番組の種別の基準

  • 種別種別の基準
    報道社会にとって重要なあるいは関心のある時事的な出来事や動きを報じる番組。
    教育知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組であって、学校教育または社会教育に資することを意図した番組
    教養知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組。ただし、教育に属するものを除く。
    娯楽スポーツ、音楽を含め、生活を明るく、楽しく豊かにすることを意図した番組。
    その他通信販売商品又はサービスの通信販売を目的とした番組。
    その他 上記のいずれにも属さないもの

3.テレビ放送番組編集の基本計画

  1. 番組相互の調和
    番組の編成にあたっては、番組意図、視聴対象、生活時間等を考慮して、報道番組、教育番組、教養番組、娯楽番組、その他番組の相互の調和を保つとともに教育番組は全番組の放送時間の10%、教養番組は20%をそれぞれ上回るよう考慮する。
  2. 放送時間
    番組の放送時間の設定に当たっては、当該番組内容と視聴者の生活時間等を勘案し、視聴者に提供できるよう計画的かつ持続的な番組編成を行う。また、社会的に関心の高い事象が突発した場合は、定時番組の一部を変更または中止して、当該事象を主題とした特別番組を編成するなど、番組の編成に弾力性を持たせる。
  3. 番組の種別毎の編集計画
    1. 報道番組
      事実を公平かつ迅速に伝達し、地域社会に貢献しうるニュース報道に努める。特にローカルニュースに重点を置き、天気予報等の生活情報や時事解説を取り入れた報道番組を編集して、地域社会との結びつきを強化する。
    2. 教育番組
      広く視聴者の健全な知識、技能等の資質を培うのに役立つ意図のもとに編集する。
    3. 教養番組
      視聴者が時代に即応した生活の知識を深め、文化の向上と豊かな情操を養うのに役立つ番組の編集に努める。
    4. 娯楽番組
      常に公序良俗に反することのないように、番組の品位及び表現方法について十分配慮し、明るく健全な内容とするよう編集に努める。
    5. その他番組(通信販売番組・その他番組)
      放送番組の持つ社会的役割と責任を十分認識し、関係法規及び当社の放送基準に基づいて編成する。

4.放送番組の種別の公表

  • 京都放送は「放送法第五条」及び関係法令の規定に基づき「放送番組の種別ごとの総放送時間」ならびに「個々の放送番組の種別」等について番組審議会に報告し、併せて自社ホームページで公表する。
    また、「コマーシャルの総放送時間」についても自主的に公表する。

以上