HOME » 番組審議会 » 4月番組審議委員会

番組審議会

4月番組審議委員会



開催日平成28年4月25日(月)午後4時~5時00分
出席者審議委員7名

議題

放送番組の種別(10月~3月分)について

ラジオ番組 「ころがるいしのおと」合評

例会ではまず、テレビ放送番組の種別の公表制度に基づき、テレビ編成局長が2015年10月~2016年3月までの期間の毎月第3週の「放送番組の種別ごとの総放送時間」「CMの総放送時間」「個々の放送番組の種別」について報告し、前回報告時との違いや、これらの報告内容をホームページへの掲載により公表する旨の説明を行いました。
番組の合評では、制作担当者から、「京都在住の作家、いしいしんじさんがご自身の愛機であるコロンビア製の蓄音機"コロちゃん"をスタジオに持ち込み、SP盤をかける30分の収録番組です。KBS京都創立60周年番組としてスタートしました。弊社は今年65周年を迎えますので、番組スタートから5年がたちましたが、いしいさんの人柄が当初より色濃くでているように感じています」との説明がありました。委員からは「いしいさんのパーソナリティ性を思い切り出した番組だと感じました」「蓄音機の音色を聞くのは初めてでしたが、こんなに柔らかな音がするのかと感心しました」「好みの分かれる番組だと思います」「ラジオならではのアナログ感がよかったです」「京都らしく、KBSらしい番組だと思います」などの意見をいただきました。



主な意見
ラジオ番組 「ころがるいしのおと」合評
  • 不思議な時間が流れていると感じました。
  • 特化したリスナーに向けた番組だと思いますが、こういう番組があってもいいと思います。
  • 楽しくきかせてもらったので、今度はいしいさんの小説も読んでみたいと思いました。
  • 独自の世界をつくりあげているので、最初はとっつきにくく感じました。
  • 5年も続けていると、SP盤のネタはつきないかなと思いました。
(番組審議会事務局)



平成28年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(4月例会出席者)
若林 卯兵衛(株)若林佛具製作所 取締役相談役
荒木 陽子京都地方裁判所 民事調停委員
栗山 圭子京都新聞社 編集局文化部長 生活学芸担当部長 論説委員
井嶋 博美京都府男女共同 参画センター 館長
寺脇 研京都造形芸術大学教授
鈴鹿 可奈子聖護院八ッ橋総本店 専務取締役
大浦 康介京都大学人文科学研究所 教授

日時: 2016年8月23日 13:10