HOME » 番組審議会 » 1月番組審議委員会

番組審議会

1月番組審議委員会



開催日平成28年1月25日(月)午後4時~5時30分
出席者審議委員8名

議題

株式会社京都放送 放送基準の一部改正について

テレビ番組 ~十六勅祭社筆頭格 上賀茂神社 第四十二回式年遷宮 『神秘に触れる夜』~について合評

例会ではまず、日本民間放送連盟のテレビのプライムタイムにおけるCM時間量を規定している放送基準第149条が改正され、平成28年3月1日に施行されることになった事を受け、KBS京都においても放送基準の改正を行う事についてテレビ編成局長より番組審議委員への説明があり、了承されました。

番組の合評では、制作担当者から「2015年、ユネスコの世界遺産に登録されている賀茂別雷神社、通称・上賀茂神社で、21年に1度の式年遷宮が執り行われました。京都で最も古いお社の一つである上賀茂神社は、全国で16ある勅祭社の筆頭格であり、今回の式年遷宮で42回目を迎えます。昨年10月に催された正遷宮の模様は、上賀茂神社と"水"を通じて縁のある企業のホームページ特別サイトでインターネット中継されました。この番組は、その夜の中継映像を中心に、KBS所有の上賀茂神社ライブラリー映像、翌日に催された奉幣祭の模様などを交え、55分にまとめたものです。」との説明がありました。委員からは「とても勉強になる番組でした。」「インターネット中継をテレビ番組にするというのはよくある事なのでしょうか。」「所先生の解説は非常にわかりやすくて良かったです。」「暗闇の映像が多かったですが、テロップが適切なところで出ていてわかりやすかったです」などのご意見をいただきました。



主な意見
テレビ番組 ~十六勅祭社筆頭格 上賀茂神社 第四十二回式年遷宮 『神秘に触れる夜』~について合評
  • 渡辺真理さんの司会は落ち着いていて良かったです。とよた真帆さんはほとんど発言されていなかったように見えました。
  • CMはカットされていたが、インターネット中継をされた企業の1社のみだったのでしょうか。
  • 番組を見ながら下鴨神社のマンション建設問題を思い出しました。式年遷宮という莫大な費用がかかる事業を支えるのは厳しい時代にきているのではないかと思いますが、反面、辞めればいいと軽々しく言える問題ではないとも思います。
  • 元々インターネット中継だったという事でテレビのみだと放送事故になるような暗い画面もむしろ新鮮でした。
  • コーヒーを飲むシーンは美味しそうでした。
(番組審議会事務局)



平成28年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(1月例会出席者)
若林 卯兵衛(株)若林佛具製作所 取締役相談役
布垣 豊京都中央信用金庫 会長
荒木 陽子京都地方裁判所 民事調停委員
栗山 圭子京都新聞社 編集局文化部長 生活学芸担当部長 論説委員
井嶋 博美京都府男女共同 参画センター 館長
寺脇 研京都造形芸術大学教授
西山 祐子一般社団法人 みんなの手 代表理事
大浦 康介京都大学人文科学研究所 教授

日時: 2016年2月10日 16:59