HOME » 番組審議会 » 11月番組審議委員会

番組審議会

11月番組審議委員会



開催日平成27年11月30日(月)午後4時~5時30分
出席者審議委員8名

議題

関西写真記者協会ニュース部門金賞受賞について

ラジオ番組 「本日、米團治日和。」合評

例会ではまず、刀禰隆司報道局長から優れた報道写真や映像作品に贈られる今年度の関西写真記者協会賞審査で、KBS京都の報道番組「newsフェイス」で放送した特集企画「祇園祭で人命救助 AEDは今」(2015年8月20日放送)が、「ニュース」部門の金賞を受賞した事が報告されました。

番組の合評では、制作担当者から「今年4月1日から始まった番組で、毎週水曜夕方5時半から6時までの30分間の番組です。収録は月2回程度、初回のゲストは桜守の佐野藤右衛門さん、本日取り上げさせて頂きました華道未生流笹岡家元・笹岡隆甫さん、大蔵流狂言師・茂山宗彦さん、ハープ奏者・内田奈織さん、歌舞伎役者・中村鴈治郎さん、演出家・宮本亜門さんなど、何らかの形で京都にゆかりの方、伝統を引き継ぐ2代目、3代目の方、技術の継承されている方々、老若男女を問わず興味深い方にお話をお聞きしています。残念ながら番組のスタートの直前に、米團治さんのお父様である桂米朝師匠が亡くなられましたので、番組を聞いて頂く事は叶いませんでしたが、米團治さんも伝統の継承者という視点でインタビューされています。」との説明がありました。委員からは「いい番組でした。」「番組を聞いて、生け花に対するイメージが変わりました。」「米團治さんはこの番組にうってつけの人選だと思います。」「日常的な取材を通じて素の笹岡さんを知っていますが、上手に引き出されていると思いました。」「ゲストのラインナップが豪華だと思いました。」「ゲストの選び方に季節感があり、センスの良さを感じました。」「水曜の夕方というのは仕事をしている人からすると聞きにくい時間なので、再放送があればいいと思います。」などのご意見をいただきました。



主な意見
ラジオ番組 「本日、米團治日和。」合評
  • 楽しく興味深く聞かせてもらいました。
  • 堅苦しい番組かと思っていましたが肩肘はらずにきける番組でした。
  • 30分×2本分で60分聞かせてもらいましたが米團治さんも笹岡さんも話上手なのでとても短く感じる程、引き込まれました。
  • 自分も出演させてもらったのですが、米團治さんは伝統の継承という点からぶれないので、安心して話をする事ができました。
  • 米朝師匠は若い頃、関西の伝統芸能の世界に横のつながりを作った方です。桂米朝・坂田藤十郎世代から桂米團治・中村雁治郎世代に変わってつながっている様は関西メディアならではだと感じました。
(番組審議会事務局)



平成27年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(11月例会出席者)
若林 卯兵衛(株)若林佛具製作所 取締役相談役
布垣 豊京都中央信用金庫 理事長
荒木 陽子京都地方裁判所 民事調停委員
栗山 圭子京都新聞社 編集局文化部長 生活学芸担当部長 論説委員
井嶋 博美京都府男女共同 参画センター 館長
寺脇 研京都造形芸術大学教授
鈴鹿 可奈子聖護院八ッ橋総本店・専務取締役
西山 祐子一般社団法人 みんなの手 代表理事

日時: 2015年12月25日 16:50