HOME » 番組審議会 » 7月番組審議委員会

番組審議会

7月番組審議委員会



開催日平成27年7月27日(月)午後4時~5時20分
出席者審議委員7名

議題

テレビ番組「浅田舞が行く~もうひとつの京都~」合評

番組の合評では、企画担当者から制作の意図として「この番組は京都府の広報番組として企画・制作した番組です。が、これまで弊社のテレビで京都府広報番組とは視点を変えて行政色を出さずに、京都府北部、森の京都、お茶の京都など"もうひとつの京都"と位置付けているものを紹介する番組として制作しました。

根本となるテーマは事前に決まっていますが、取材先などは自由な発想で弊社ディレクターと京都府とともに話し合いながら決めていきました。今回は府北部の観光活性化に重点を置き、浅田舞さんにご紹介頂きました。この番組は弊社だけではなく、既にサンテレビ、三重テレビでも放送をいたしました。京都府内外を問わず、様々な方に北部地域の魅力を届けられるように心がけています。」との説明がありました。

委員からは「楽しく見せてもらいました。」「コンテンツは抜群だと思います。」「情報として、京都府北部の素晴らしさを伝える事ができていると思います。」「浅田さんが自然体で良かったです。」「コメントが"すごい""美味しい"ばかりで、もったいなく感じました。」などのご意見をいただきました。



主な意見
テレビ番組「浅田舞が行く~もうひとつの京都~」合評
  • 行政色を控えた事は正解と思います。
  • 営業努力をされて、他地域で放送し、京都以外の方にも魅力を伝えられるのは良い事だと思います。
  • 取り上げた人、内容は素晴らしく、格調高い番組に仕上がっているのに、"すごい""美味しい"等、粗雑な言葉遣いが気になりました。
  • 今回の番組ではバラずしや海水浴場等、北部の定番の紹介が少なかったと思います。定番と新しいもの両方を見せても良かったのではと思いました。
  • 各々深く突き詰めるというより、さらっと紹介する番組。王道となるところをテンポよく回ってもらってありがたかったです。
  • 車でしか行った事がなかったのですが、番組を見て電車の旅も楽しそうに思いました。
  • 地図があればさらにわかりやすかったと思います。
  • 紹介する場所がたくさんなので仕方がないが、深く掘り下げて紹介する箇所があっても良かったと思います。
  • 北部の新しい部分を見せてもらい、行ってみたいというワクワク感で一杯になりました。
  • 浅田さんの反応は京都以外の方らしい新鮮な驚き方で好感が持てました。
  • 静止画で、地元の方々のいきいきとした表情が切り取られている演出が良かったです。
(番組審議会事務局)



平成27年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(7月例会出席者)
鈴鹿 可奈子聖護院八ッ橋総本店・専務取締役
若林 卯兵衛(株)若林佛具製作所 取締役相談役
寺脇 研京都造形芸術大学教授
栗山 圭子京都新聞社 編集局文化部長 生活学芸担当部長 論説委員
大浦 康介 京都大学人文科学研究所 教授
西山 祐子一般社団法人 みんなの手 代表理事
井嶋 博美京都府男女共同 参画センター 館長

日時: 2015年8月 5日 14:50