HOME » 番組審議会 » 5月番組審議委員会

番組審議会

5月番組審議委員会



開催日平成27年5月25日(月)午後4時~5時25分
出席者審議委員9名

議題

テレビ番組「JEFF@KYOTO おもてなし京都案内」合評

番組の合評では、「京都には毎年たくさんの国の方が訪れていますので、京都に住む人が英語で京都案内する手助けになればとの思いもあり、番組をスタートしました。また京都に来られている留学生や海外からの観光客がご覧になっても役にたつような番組づくりを心がけています。

これからにはなりますが、海外での放送も視野にいれて、海外の方が見ても興味を持ってもらえるように日本の風習や食べ物、神社仏閣といった題材を取り上げています」との説明がありました。

委員からは「面白い試みの番組だと思います」「案内役が京都を良く知っている外国の方というのがいいと思いました」「神社仏閣、日本の習慣など英語でガイドされても気楽に構えずに見る事ができるので、以前から見ています」「英語のレベルでいうと、初級というより少し上級と感じました」「海外の方向けなのか、英語を学びたい日本人なのかターゲットがわかりづらかったです」「実質3分という時間の中では上手くまとまっていると思います」「タイトルのおもてなしという言葉には違和感がありました」などの意見をいただきました。



主な意見
テレビ番組「JEFF@KYOTO おもてなし京都案内」合評
  • ワンポイントレッスンの部分は日本語の話せる外国の方が「みんなでやってみよう」というと興ざめするので、違う人が担当した方がいいと思いました。
  • 英語の出来ない日本人からするとテンポが早かったです。
  • 字幕と映像を見ながらで理解できる感じでした。
  • ジェフ・バーグランドさんの起用は正解と思います。
  • 実際に海外の方を紹介する機会があるのですが、そういう時に使いやすいです。
  • ジェフさんの訳は日本でお住まい歴が長いので絶妙だと思います。
  • ワンポイントレッスンは一瞬すぎてリピートできませんでした。
  • 字幕の字体が読みづらく感じました。
  • 海外の方向けであれば、場所の説明や地図があっても良いのではないでしょうか。
  • 京都市内の情報ばかりでしたが、京都府内の情報の発信があってもいいと思います。
  • 一般向けの番組ならもう少しレベルを下げてもいいと思います。ただ、今のスタイルの延長として、日本人が言いたいけれど言えないフレーズに特化していくという方向性もありだと思います。
(番組審議会事務局)



平成27年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(5月例会出席者)
鈴鹿 可奈子聖護院八ッ橋総本店・専務取締役
荒木 陽子京都地方裁判所 民事調停委員
布垣 豊京都中央信用金庫 理事長
若林 卯兵衛(株)若林佛具製作所 取締役相談役
永澄 憲史京都新聞社 編集局文化部長 生活学芸担当部長 論説委員
寺脇 研京都造形芸術大学教授
大浦 康介京都大学人文科学研究所 教授
西山 祐子一般社団法人 みんなの手 代表理事
井嶋 博美京都府男女共同 参画センター 館長

日時: 2015年6月15日 15:42