HOME » 番組審議会 » 7月番組審議委員会

番組審議会

7月番組審議委員会



開催日 平成26年7月28日(月)午後4時5分~5時25分
出席者 審議委員8名

議題

テレビ番組「偏愛 京都」について

例会ではまず、先月合評されたラジオドラマ「ラジオ モノ語り」について、ラジオ部門統括責任者より説明が行われました。これは合評の際「ドラマか通常の番組かわかりにくい」「演出の手法が不適切ではないか」等の意見が表明された事に対して行われたもので、審議会からの指摘に謝辞を述べるとともに、今後も責任ある放送に務めるとの説明がなされました。委員からは「誠実な対応」「(良い番組づくりのために)お役にたててよかった」等の意見をいただきました。引き続いて行われた今月の番組「偏愛京都」の合評では制作担当者から、自社制作番組の企画力、制作力のアップや新規コンテンツの開拓を目的にした社内公募にエントリーし選出された作品である事、京都の街中にさりげなく佇むちょっと古めの建物を番組として取り上げたいと企画を練っていた時、イラストレーター・マツモトヨーコさんの著書「偏愛京都」に出会い、本人から快諾を得て原作として使用した事、原作のイメージを壊さないよう映像にこだわり、著者の「偏愛」な世界観を大切にした事等の説明がありました。委員からは「KBSらしい番組」「ガイドブックに載らないような京都の裏文化遺産を楽しく見せてもらいました。」「単発ではもったいない、ぜひ続編が見るたいです」「時が経つと京都の人間でも知らない事も多いので、あらためて知る機会ができて感謝しています」「京都の人がこういう番組を観て喜ぶのかと観ていて戸惑いを感じました」「女性ナレーターのアクセントに違和感を感じました」等の意見をいただきました。



主な意見
テレビ番組「偏愛 京都」について
  • 単発ではちょっと物足りないと感じる位、ガイドブックには載らないような京都の裏 文化遺産を楽しく見せてもらいました。最近、"本場の味"を売りにしたパン屋を贔屓にしていましたが、登場していた昔ながらのパン屋さんを観て「こういう価値感を忘れていたなあ」と反省しました。音楽も良かったです。
  • 女性ナレーターのアクセントが気になりました。男性ナレーションはすっと耳に入ってきたので、統一すれば良かったと思います。
  • 委員としてのんびり観せていただきましたが、一視聴者の立場になった時、この番組を積極的に観たいとは思わないです。ターゲットは年配者か若者か、地元の方か他地域の方か、誰に向けた番組なのか疑問に感じました。
  • よくある情報の押しつけではなく「こういうものがありますよ」的なさりげない感じがKBSらしく、ほっとできて良かったです。
  • 写真やナレーションで伝わらなかった部分がイラストの小さな手書き文字でフォローされていて、まるで自分がそこに訪れているような感覚になりました。
  • 番組後半に出てこられた原作者のマツモトさんが自然な感じの方だったので、もっと自然なナレーションでも良かったと思いました。男性ナレーションの詳しい解説は「なるほど」と納得して聴くことができました。
  • KBSにしかできない番組。もしCSなどを通じて東京や全国で放送されていれば、京都の世界文化遺産を取り上げたありがちな番組よりもこちらを観たいです。単発番組では売りづらいでしょうが、シリーズにすれば売れるのではないでしょうか。
  • 京都の人がこういう番組を観て喜ぶのかと観ていて戸惑いを感じた作品でした。
  • ステンドグラスやタイルの飾りなど、普段自分が京都の街を歩いていてばったり出くわす事がある風景が取り上げられていて散策に出たいなと思いながら楽しく観ました。詳しい場所の説明や店主のインタビューがない事が新鮮で、観易く感じました。水道屋さんのエピソードがよかったので、実際に行ってみたいと思います。
  • 女性ナレーションは標準語にして、男性ナレーションとの差別化を図り「外から見た京都の良さ」を発信しても良かったと思います。
  • 自社の店舗にこういうものはあるのか気になって調べてみました。時が経つと京都の人間でも知らない事も多いです。あらためて知ることができて心から感謝しています。
(番組審議会事務局)



平成26年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(7月例会出席者)
鈴鹿 可奈子 聖護院八ッ橋総本店・専務取締役
布垣 豊 京都中央信用金庫 理事長
若林 卯兵衛 (株)若林佛具製作所 取締役相談役
永澄 憲史 京都新聞社 編集局文化部長 生活学芸担当部長 論説委員
寺脇 研 京都造形芸術大学教授
大浦 康介 京都大学人文科学研究所 教授
西山 祐子 一般社団法人 みんなの手 代表理事
井嶋 博美 京都府男女共同 参画センター 館長

日時: 2014年7月28日 18:00