HOME » 番組審議会 » 6月番組審議委員会

番組審議会

6月番組審議委員会



開催日 平成26年6月23日(月)午後4時~5時25分
出席者 審議委員9名

議題

ラジオ番組 「ラジオ モノ語り」について

例会ではまず、平成26年度の第1回審議会で、委員長の選出を行い、委員の互選で若林委員が委員長に選出されました。

番組の合評では、制作担当者から制作の意図として「コンクール応募作品用に制作した特番です。KBS京都のラジオ放送が終了した日曜の深夜。もし、誰もいないはずのラジオスタジオで人ではなく"モノ"がこっそりDJをしていたら...というファンタジックな設定のラジオドラマ仕立てになっています。実際の放送もドラマと同じ時間帯にして、現実とドラマの世界を交錯させることで、リスナーに不思議な世界観を体験してもらえたら面白いのでは...。と思って制作しました。」との説明がありました。委員からは「番組終了のお知らせをパロディー化し、放送事故と思われかねないやり方で、公共の電波を使ってやるほどの中身ではないレベルのものを放送する意図がわかりませんでした。」「昔から深夜ラジオは何でもアリという気がしますので、着想は面白いと思いますがそれなりの工夫が必要だと思いました。」「夜の遅い時間に半分寝ながら聴いているとゆっくりとした語り口や、音楽が心地よく聞けました。」などのご意見をいただきました。



主な意見
ラジオ番組 「ラジオ モノ語り」について
  • 奇妙な世界に連れていかれた不思議感があるが、制作者の意図が果たして聴取者に伝わるのか、疑問で、ユーモア狙っているのはわかるが全く面白くなかったです。
  • 夜の遅い時間に半分寝ながら聴いているとゆっくりとした語り口や、音楽が心地よく聞けました。
  • 番組終了のお知らせをパロディー化し、放送事故と思われかねないやり方で、公共の電波を使ってやるほどの中身ではないレベルのものを放送する意図がわかりませんでした。
  • 昔から深夜ラジオは何でもアリという気がしますので、着想は面白いと思いますがそれなりの工夫が必要だと思いました。
  • 落ち着いた語り口で落ち着いて聞け、知らない曲ばかりでしたが、いい選曲をされれているなと思いました。
  • 不思議の世界に入れてもらえて好感が持てました。つい家に安いビニール傘がたまってしまう話は私も同じだと思いました。
  • 笑うにしては落ちがありそうでなく、感動しようにもしきれない内容で、笑っていいのか共感していいのかわからなくて、残念に感じました。
  • 毎週放送しているレギュラー番組で、リスナー同士が"モノ"になりきって投稿しあって遊んでいるのだと思って聞いていました。きょうの説明でリスナーの投稿はすべてフィクションのドラマであると制作のカラクリを聞いてがっかりし、騙された気分です。
  • 制作の意図がよくわからない、不思議な印象の話で理解するため、合計3回聞きました。最後の現実に戻るシーンはとってつけたようで違和感がありました。
  • (制作意図がよくわからなかったので、)笑うポイントらしいところは普通で笑えず、投稿したのが何であるのか話の内容からクイズのように考えながら聞きました。
  • 委員のほとんどが、実際の投稿だと誤解してしまうような作り方なので、どこかでこれはフィクションだとわかるような種明かしをする部分を入れるべきだったと思います。
  • この番組を審議にかけるのはどういう意図があったのか良く判らない。
  • (公共性の高い)放送の特性を考えると、今回のような遊び方は信頼感を損ないかねないので、こうした部分で遊ぶのは良くないことだと思います。
  • 今回出た委員の方々の意見をこれからの番組作りに生かしてほしいです。
  • 最後のほうに人間が間違って投稿したエピソードは、"モノになりきって"というルールがわからない初心者リスナーが本当にいるとらえてしまうのではないでしょうか。「全部つくりごとだよ」と伝えたい作り手の意図からも反し、逆効果になってしまったと思います。
  • 決して保守的な安心できる内容の番組しか認めないというのではなく、尖がった番組、変な番組も歓迎するが、してはいけないことをしてはいけない。
  • 良いものを作っていくという努力が必要だと思います。
(番組審議会事務局)



平成26年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(6月例会出席者)
鈴鹿 可奈子 聖護院八ッ橋総本店・専務取締役
荒木 陽子 京都地方裁判所 民事調停委員
布垣 豊 京都中央信用金庫 理事長
若林 卯兵衛 (株)若林佛具製作所 取締役相談役
永澄 憲史 京都新聞社 編集局文化部長 生活学芸担当部長 論説委員
寺脇 研 京都造形芸術大学教授
大浦 康介 京都大学人文科学研究所 教授
西山 祐子 一般社団法人 みんなの手 代表理事
井嶋 博美 京都府男女共同 参画センター 館長

日時: 2014年6月23日 18:00