HOME » 番組審議会 » 7月番組審議委員会

番組審議会

7月番組審議委員会



開催日 平成25年7月29日(月)午後4時~5時30分
出席者 審議委員9名

議題

「放送番組の編集に関する基本計画」変更についての説明と諮問

テレビ番組「newsフェイス」について

番組審議会では、まず「放送番組の編集に関する基本計画」の改訂変更について説明を行い、諮問しました。これは、現行放送法に対応して、引用した条項番号を整合させ、あわせて放送番組の種別やその基準等について、文言の改訂変更をしたものです。また、法の規定に基づき「放送番組の種別ごとの総放送時間」ならびに「個々の放送番組の種別」等について、番組審議会に報告し、併せて自社ホームページで公表していることも明記されました。諮問された「放送番組の編集に関する基本計画」の改訂変更につきましては、質疑応答ののち異議なく承認されました。

「放送番組の編集に関する基本計画」は、KBS京都放送ホームページでご覧になることができます。

番組の合評では、最初に制作担当者から説明がありました。この「newsフェイス」は情報番組のコーナー企画であったものを、15分番組として独立させたものです。番組のコンセプトは「顔の見えるニュース」です。いま話題の人はもちろんのこと、ご近所の方や取材した記者など、なるべく多くの人々の顔をテレビに登場させることによって、京都の今を身近に感じてほしいと思って制作しています、とのことでした。

委員からは「"KBSらしく地域を意識し、京都に特化したいい方向でニュースを作られているなと思いました""殺伐とした事件の報道が多いなか、割合ほっとして見られるニュースが多くていいなと思いました""コンパクトにまとめられているので、お昼と夕方など1日に何回か流されてもいいのでは""1つのニュースから次への切り替えが早く、テンポがすごくいいので、あまり重たく捉えずに見られました""アナウンサーの方がゲストに来られていた祇園祭のお稚児さんの生の気持ちを上手に引き出されていたのが良かったです"」などの意見をいただきました。



主な意見
「放送番組の編集に関する基本計画」変更についての説明と諮問
  テレビ番組「newsフェイス」について
  • KBSらしく地域を意識し、京都に特化したいい方向でニュースを作られているなと思いました。
  • 全国ニュースでは殺伐とした事件の報道が多いなか、割合ほっとして見られるニュースが多くていいなと思いました。
  • コンパクトにまとめられていていいなと思いました。同じ内容でいいのでお昼と夕方など1日に何回か流されてもいいのではないでしょうか。
  • 1つのニュースから次への切り替えが早く、テンポがすごくいいので、あまり重たく捉えずに見られました。
  • 身の回りに何が起こったかをテンポ良く紹介し、いちいちアナウンサーが何かコメントするわけではないので客観的にニュースを見ることができました。
  • アナウンサーの方がゲストに来られていた祇園祭のお稚児さんの生の気持ちを上手に引き出されていたのが良かったです。
  • 京都の人ならば詳しい説明なしにわかるローカルのみニュースは東京や大阪の局ではできないような内容でいいなと思いました。
  • 事件事故があったそのときだけでなく、現場がその後どうなったか、当事者がその後どんな負担を負ったかまでフォローすると事故防止の啓発にもなるし、そこから何か学ぶことができます。そういう視点が地元局としてあってもいいのではと思います。
  • 地域の健全な民主主義の発展に寄与するという役割が放送局にはあります。その存在感・信頼感を拠って立つところだと思いますので、さらに報道番組を充実していただきたいと思います。
  • 配達のかたわらひとり暮らしのかたの安否確認をしている牛乳の宅配業者を取り上げておられたが、宣伝ととらえられないような配慮が必要ではないでしょうか。
  • 若いアナウンサー、若い記者を育てる意味でKBSとしての努力を続けていただきたいと思います。
  • 社内のスタッフだけでニュース枠を埋めようとしないで、様々な業界の方に社外記者になってもらって外部から情報を取り入れる仕組みを作ると広がりが出るのではないでしょうか。
(番組審議会事務局)



平成25年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(7月例会出席者)
大浦 康介 京都大学人文科学研究所 教授
鈴鹿 可奈子 聖護院八ッ橋総本店・専務取締役
鈴木 哲法 (株)京都新聞社編集局 文化報道部長・論説委員
吹田 恭子 (株)なぎ 代表取締役
荒木 陽子 京都地方裁判所 民事調停委員
藤吉 紀子 きょうと 留学生ハウス 留学生キャンパスコーディネーター
布垣 豊 京都中央信用金庫 理事長
若林 卯兵衛 (株)若林佛具製作所 取締役会長
寺脇 研 京都造形芸術大学教授

日時: 2013年7月29日 17:00