HOME » 番組審議会 » 4月番組審議委員会

番組審議会

4月番組審議委員会

開催日 平成23年4月25日(月)午後4時~5時05分
出席者 審議委員7名

議題

改正放送法下の「放送番組の種別の公表制度」について

ラジオ番組「妹尾和夫のパラダイスKyoto」について

番組の審議では、番組担当者が、妹尾和夫さんのパーソナリティを大切に、ニュース性を意識した番組作りを目指していることなどを説明したあと、委員からは「そつなくこなしておられ、安定感を求めるリスナーにとってはいいが、もう少し毒の部分があってもいいのではないか。掛け合いの朗読劇は面白いと思った。
ゲストやリスナーとのやりとりは聴きごたえがあり、リスナーを大切にしておられると感じた。遠藤アナは前に出過ぎることなくいい感じだった。
テレビと違ってラジオは、パーソナリティの独断と偏見が出ないとおもしろくないが、今回聴いた分はよかった。声の質が嫌味なく、聴きごこちがよかった。うまく番組を構成し、よく考えてやっておられると思った。メールではなく、はがきや手紙を出してもらおうと、番組特製の切手をプレゼントするのはいいアイデア。
妹尾さんには社会的な問題にどんどん斬り込んでいって欲しい。」などの意見をいただきました。

主な意見
ラジオ番組「妹尾和夫のパラダイスKyoto」についての、委員からの主な意見
  • 妹尾さんはそつなくこなしておられ、安定感の心地よさを求めるリスナーにとってはいいが、もう少し毒の部分があってもいいのではないか。
  • 妹尾さん作の掛け合い朗読劇は面白いと思った。
  • ゲストやリスナーとのやりとりは聴きごたえがあり、リスナーを大切にしておられると感じた。
  • 遠藤アナは前に出過ぎることなくいい感じだった。
  • テレビと違ってラジオは、パーソナリティの独断と偏見が出ないとおもしろくないが、今回聴いた分はよかった。
  • 声の質が嫌味なく、聴き心地がよかった。内容も色々と新しいことが聴けてよかった。
  • うまく番組を構成し、よく考えてやっておられると思った。
  • メールではなく、はがきや手紙を出してもらおうと、番組特製の切手をプレゼントするのはいいアイデア。
  • 妹尾さんには社会的な問題にどんどん斬り込んでいって欲しい。
平成23年 株式会社京都放送 番組審議会委員
大浦 康介 京都大学人文科学研究所教授
北村 友香 龍谷平安中学高校職員・バレーボール国際審判員
山中 英之 (株)京都新聞社編集局 生活学芸担当部長・論説委員
吹田 恭子 松原のぞみの郷非常勤職員
寺脇 研 京都造形芸術大学 教授
中川 慶子 元ノートルダム女子大学教授
藤吉 紀子 京都府民ホール「アルティ」副館長
道端 進 京都中央信用金庫相談役
若林 卯兵衛 (株)若林佛具製作所取締役会長

日時: 2011年4月25日 20:08