HOME » 番組審議会 » 11月番組審議委員会

番組審議会

11月番組審議委員会


開催日平成28年11月28日(月)午後4時〜5時20分
出席者審議委員9名

議題

ラジオ番組 「チキチキ・遠藤Nami乗りジョニー」合評

番組の合評では、担当プロデューサーから、「2014年1月の正月特番を経て、同年4月からレギュラー放送を開始しました。出演者は松竹芸能の中堅女性コンビ・チキチキジョニーと遠藤奈美アナウンサーの女性3人、女子トーク100%というスタイルになっています。1回分の番組を全て視聴すると3時間になりますので、今回はニュース等省いて1時間程に編集しました。また期間限定で復活した髙島屋のサテライトスタジオでの公開生放送のオープニングトークも合わせてお聞きいただきました。AMラジオのメイン聴取者は50代男性と言われていますが、ぜひ新しい世代を取り込んでいきたいと思っています」との説明がありました。委員からは「典型的なラジオの生ワイド番組で他の作業をしながら聴く事が出来る、いい意味で軽く楽しく流れていく感じがしました」「女子トークという狙いが面白いと思います」「チキチキジョニーのトークは見えないところをきちんと補足説明してくれるので、わかりやすく、ラジオ向きだと思いました」「隣の昼ドラ物語というコーナータイトルは、どんな内容かわかりにくかったです」「リスナーからの悩み相談に対して迎合する事なく、自分たちの言葉で意見をきちんと言っているのはいい事だと思いました」などの意見をいただきました。



主な意見
ラジオ番組 「チキチキ・遠藤Nami乗りジョニー」合評
  • テンポの良いトークで聴きやすかったです。
  • テレビの報道番組で知っている遠藤アナウンサーとはまた違う印象を受けました。
  • チキチキの2人と遠藤アナウンサーの関係がいいのだろうと感じました。
  • 遠藤アナウンサーはラジオでのくだけたキャラクター、テレビではくだけた部分を一切出さないクールなキャラクターというようにメディアによってキャラクターをしっかり使い分けたらいいのではないかと思います。
  • オープニングトークはテンポが早すぎて聴き続けられるのか懸念しましたが、コーナーに入るともっと聴きたいと思う位、楽しく聴きました。
  • 単に面白いものは面白いというスタンスなので、女子トークという聴き方はしませんでした。
  • いつも車でラジオを聞く時、楽しみにしているグルメのコーナーがこの番組だと今回聴いて初めて知りました。
  • 30代の女性層を取り込みたいというのであれば、コーナーによっては50代のおじさんにはわからなくてもいいというスタンスでもいいのではないでしょうか。
  • 髙島屋のサテライトスタジオは前を通って高校に通っていた世代なので、非常に懐かしかったです。
(番組審議会事務局)



平成28年度 株式会社京都放送 番組審議会委員(11月例会出席者)
若林 卯兵衛(株)若林佛具製作所 取締役相談役
布垣 豊京都中央信用金庫 会長
荒木 陽子京都地方裁判所 民事調停委員
三田 真史京都新聞社 編集局文化部長
井嶋 博美京都府男女共同 参画センター 館長
寺脇 研京都造形芸術大学教授
鈴鹿 可奈子聖護院八ッ橋総本店 専務取締役
西山 祐子一般社団法人 みんなの手 代表理事
大浦 康介京都大学人文科学研究所 教授

日時: 2016年11月29日 14:54